スマホキーロガーの検出方法・防止策とインストール方法

キーロガーは最初に不正な操作をチェックしたりデバッグのログを集めたりするために利用されたサービスです。この機能を通じて、パソコンやスマホに入力した文字内容などを全て確認できます。今、キーロガーを悪用して、ユーザーのパスワードやIDを盗む犯罪者も増えていきますので、キーロガーという機能も悪く思われています。

では、キーロガーで自分の情報が流出してしまうことを防止するためにはどうすべきですか?実はパソコンにインストールした一部のキローガーは検出して解除することが可能です。

これから、皆さんにキーロガーの種類を紹介して、その検出方法と防止策についても紹介します。また、キーロガーの「いいところ」についても説明します。

キーロガー 検出

アプリで浮気してはいけない!浮気アプリをブロックする方法

昔では、毎日帰りが遅く、休日でも残業ばかりの人ならば、おかしく考えられ周りの人達に「浮気している」と思われることがありました。浮気関係を発展するためには暇を出して浮気相手と恋愛感情を深める必要がありますので、浮気関係を持つ人も「常に用事で外に出る人」と思われやすいです。

しかし、今はインターネットが普及している時代で、携帯を常に手元から離さない人が多くて、人々の交流もますますネットや電話に依存していきます。恋人が側にいなくても、浮気相手と携帯でチャットして恋愛関係を進めることができるようになります。そのため、恋人の携帯の中の連絡アプリは、浮気関係を助長している大変なツールになっていたとも言えます。

でも、スマホにインストールした浮気アプリをブロックすれば、スマホユーザーはこのアプリを利用できなくなり、浮気相手との連絡手段もこれで失う可能性があります。多くの浮気カップルは浮気相手を遊び相手とみなし、二人は恋愛関係に本気になっていませんから、連絡が途絶えたら、二人はすぐ感情が冷めて自然消滅するかもしれません。そのため、アプリをブロックする手段を通じて、恋人の浮気を防止したり、やめさせたりすることも可能です。

浮気サイト ブロック

もしかして浮気相手の電話番号!?恋人の連絡先を確認する方法

浮気調査をする時、メール、メッセージ、電話帳などのスマホ基本機能から調べ始める方が多いです。特に電話帳からは浮気相手の名前・電話番号・アドレスを取得できるかもしれないので、多くの方は恋人の電話帳を狙っています。

しかし、恋人のスマホを手に取ってチェックするチャンスが少ないし、電話帳をチェックしてもすぐに浮気相手の名前を見つけ出すわけではありません。長い時間がかかったが成果が出せないことを回避するために、本記事は電話帳をチェックする時のポイントについて紹介します。

連絡先 アイコン

「浮気」の言葉は厳禁!特定のワードが入力されると通知を受ける方法

恋人はスマホに何かを入力していましたか?パートナーの浮気に心配していて、浮気調査をする人にとって、スマホに入力されたワードは真実を見破る大切なものとも言えます。浮気されたことがある場合、恋人の繰り返して浮気する状況に心配する人もいます。恋人が二度と浮気しないために、彼・彼女はスマホで何をやっているか確認する必要もあります。

でも、恋人は毎日携帯を使っていますので、携帯を調べるチャンスが少ないし、チャンスを狙って調査してみても何も探し出せない可能性があります。恋人の浮気傾向をチェックするために、コツでもあるのでしょうか?

浮気に困っている皆様に、キーワードを入力すれば警報が出る機能について紹介します。詳しく言えば、特定の言葉を設定しておけば、携帯の使用者がスマホにその言葉を入力する時、ツールがあなたにメールなどの方法でお知らせる機能です。本機能を活用すれば、キーワードで浮気傾向だけではなく、相手のスマホ利用状況も確認できます。

浮気 キーワード

浮気コンテンツのフィルタリング!浮気サイトをブロックする方法

フィルタリングサービスについて知っていますか?子供にスマホを買う時、両親が一番心配することは「有害アプリ・サイト」です。携帯を使うお子様を悪質アプリ・サイトから守るために、フィルタリングサービスを利用する両親が多いです。悪質コンテンツをフリルターすることで、子供たちが有害アプリを誤用したり、有害サイトにアクセスしたりすることを防止でき、子供のインターネット環境を改善できます。

恋人の浮気に心配する場合にも、もちろんフィルターリングサービスを通じて恋人の浮気を防止することができます。浮気願望が強い恋人は、浮気掲示板で浮気相手を募集し、浮気サイトで浮気するコツを勉強する可能性があります。その時、スマホのフィルタリングサービスで浮気に関する悪質サイトを制限することでその願望を抑えられるはずです。

浮気 サイト ブロック

Wi-Fiで浮気を見破る!?Wi-Fiで位置情報を調べる方法

スマホの位置情報を追跡する方法が多いですが、一般的にはGPS機能を通じて相手の現在地を確認することです。そのため、GPS機能が停止している場合になると、監視・追跡アプリだけではなく、普通なマップアプリでもうまく動作できなくなります。では、GPSで携帯を追跡できなくなる時、またほかの方法でスマホの持ち主の位置を確認できますか?

その場合、Wi-Fiの詳細をチェックすることで相手の位置を確認してはどうですか?GPSのほかに、Wi-Fi状況でも位置を追跡できます。今現代人は毎日様々なWi-Fiに接続して、ネットワークを利用していますので、Wi-Fiアクセス状況は普段スマホに記録されています。その記録をチェックすれば、あなたはWi-Fiの所在地、Wi-Fiに接続する時点など通じて携帯の持ち主の位置を確認できるかもしれません。

Wi-Fi

浮気相手からの着信を拒否!スマホの着信拒否で浮気の再発を防止しよう

恋人は浮気をやめた後、プレゼントを送ってくれるし、贅沢な食事をおごってくれるし、ロマンチックなデートをすることで本命の許しを求めるかもしれません。それは恋人の浮気に走った罪に対する償いとも言えます。でも、浮気を辞めたと言っても、復縁・再発することには警戒すべきです。

浮気を止めたくても、誘惑に負けて、再び昔の浮気相手と浮気する場合もあります。特に浮気性がある恋人は、昔の浮気相手とまた連絡を取って、つい相手と復縁してしまう可能性があります。そのため、恋人は浮気をやめて本命に戻ったと言っても、二人が今後浮気の再発を防止するために、なんとかしないといけません。

浮気防止 着信拒否

禁止区画に入ったら知らせる!スマホの移動路線を確認する方法

GPS追跡機能を利用しても、恋人の位置情報をずっと監視していることがなかなかできないでしょう。知らない間に、恋人は浮気デートをして、浮気相手とラブホテルに行ってしまうかもしれません。あなたが気付かっていない時、恋人はどこに何をしているか、GPS追跡機能だけで、すぐわかることが難しいです。

その時、禁止区画機能を利用して、恋人の行動を把握してはどうですか?禁止区画を事前に設定しておけば、相手が禁止区画に入った際、こちらは自動的にお知らせを受けます。風俗店、ラブホテルなどの所を前もって禁止区画にすれば、すぐに通知で恋人の浮気がわかります。

ジェオフェンシング

【悪用厳禁】Google Hangoutsも浮気カップルに愛用される?

Googleでもメッセージ送信機能とビデオ通話機能を持つサービスがありますか?それは当然です。

2013年以前はGoogleトークで、今のGoogle HangoutsはGoogleトークの後継として公開されたサービスです。最初はGoogle+の機能ですが、2015年の8月からは別サービスにされました。

hangouts アイコン

後発ですが、現在Google Hangouts(グーグルハングアウト)はGoogleが提供しているメッセンジャーサービスです。ビデオ電話やインターネット電話の機能を持ち、Google Hangoutsのユニークな「グループハングアウト」機能を通じては、最大150人のビデオ通話もできますので、日常の交流だけではなく、ビジネス上のビデオ会議にもよく利用されています。

TelegramとTinderにも要注意?知らないSNSアプリは浮気連絡用ツール

SNSアプリと言えば、日本ではLINEがほとんどです。海外の友人と連絡したい場合、SkypeやWhatsAppを使い、写真を投稿したいなら、Instagramを利用します。SnapchatやWechatなどでも聞いたことがありますが、アメリカや中国の大人気のSNSアプリで、日本ではまだ使う人が少ないです。やはり国によって、人の使うSNSアプリも違います。日本で一強のLINEは、海外ではあまり使われていません。

そのため、SNSアプリを調べて、浮気調査をする場合は「SNSと言えばLINE」という考えを捨てたほうがいいです。「LINEをチェックしたら恋人の浮気関係を発見!」はよく耳にするニュースですが、浮気情報を探す時はLINEだけ狙ってはいけません。

恋人は少数派のSNSアプリで浮気相手と連絡を取っている可能性があります!浮気する人はほとんどLINEが狙われやすいことを知っています。浮気関係がバレることを避けるために、LINEを使わずに日本人のあまり使わないSNSアプリで浮気相手とチャットする人がいます。

LINE以外のSNSアプリには詳しくないなら、浮気調査をしても少数派のSNSアプリに注意を払わない、その中の浮気証拠を見逃してしまうかもしれません。そのため、調べる前には浮気カップルに利用されやすいSNSには気をつけるべきです。

今回皆様に紹介するのはTelegramとTinderです。どちらでも、日本では普及していないが、世界的には人気が上昇しているSNSアプリです。

SNSアプリ