恋人の不倫相手がストーカーに!?ストーカー行為への解決法

ストーカーとは、激しくて自分勝手な感情で特定の人に迷惑行為を繰り返して行う人のことです。不倫相手がストーカー気質で、別れてもストーカーをやめないかもしれません。実は、不倫関係だけではなく、普段な恋愛関係にもストーカーになりやすい人がいますよ。また、ストーカーというと不倫した恋人に施すイメージがありますが、本命恋人は不倫相手に嫉妬されやすい対象ですから、当り散らされてしまう恐れもあります。

ストーカー気質の不倫相手はストーカーで自分の気持ちを表すことが好きで、不倫をしている間にはストーカーで好きな恋人に自分の愛を伝え、不倫関係は強制終了されたら、ストーカーで自分の憎みを復讐対象に伝えます。その感情を解消させない限り、ストーカー行為が繰り返されてしまうはずです。

不倫相手のストーカーをやめさせるために、本命であるあなたはできるだけストーカー行為の種類を把握しておきましょう。

不倫相手からのストーカー被害

恐喝はひどい!不倫相手からの脅迫を受けた時の対処法

配偶者の不倫が発覚した場合、怒りが抑えられなくて、配偶者を責めながら、不倫相手に復讐したい人もいるでしょう。不倫されたことは確かに辛いですが、自分の怒りとストレスを解消するために滅茶苦茶に行動してはいけません。不倫関係は考えるよりも複雑なものですから、知らないあいだに不倫関係での悪影響は不倫された側にも及ぼす可能性があります。

例えば、不倫されたことが発覚する時、本命であるあなたの一番望んだのは、恋人が不倫をやめることでしょう。しかし、不倫相手は不倫行為を終わらせないために、不倫関係を恋人の勤務先や家族に公表したり、あなたと恋人の円満な婚姻生活を壊したりしようと脅迫する可能性があります。不倫事件がバレたら、あなたは多分不倫慰謝料などがもらえますが、今までの平穏な家庭生活も不倫の暴露でおしまいになります。よく考えてみてはどうですか?家庭の崩壊は慰謝料なんて償うものではありません。

不倫 脅迫

関係修復、それとも離婚?別居中の不倫行為も要注意!

不倫や家庭内暴力などの原因で夫婦が距離を置き、別居をしている場合もあります。離婚する前には別居が必要というわけではないため、一定の条件を満足すれば二人はすぐ離婚請求を提出してもいいです。でも、婚姻関係が破綻してしまったらすぐ恋人と離婚するなら、二人は冷静的に話し合っていないせいで、将来様々な問題が出て来るかもしれません。自分の選択を後悔しないために、不倫事件がバレた時、カップル二人は今すぐ離婚するより、一般的には別居してから冷静に話し合い、最後に納得できる条件で離婚します。

別居を通じて、毎日自分を傷つけた恋人を見る必要がなくなり、相手からの苦痛を解消できるし、自分の生活にも専念できます。別居から離婚まで間がありますので、ゆっくりと浮気証拠集めや離婚の手続きを進めてもいいです。もし恋人は自分の間違いに気づき、不倫行為と暴力行為をしっかりと反省したら、二人の関係の改善と再構築も可能になります。そのため、別居は婚姻が破綻している時、次のステップを選択する冷却期間とも言えます。離婚、それとも関係修復ですか?それは二人の選択次第です。

別居 不倫

ゲームから浮気へ発展する!?擬似恋愛と浮気の違いと対処法

擬似恋愛、つまり恋愛しているように偽ることです。今流行っている擬似恋愛は「インターネット上の擬似恋愛」と「職場での擬似恋愛」に分けられています。どちらでも、現実の恋愛ではなく、恋愛に演出していることが特徴です。

インターネットが普及している現在、数多くのSNSアプリやオンラインゲームを利用して、ネット上の知らない人と出会い、そして恋愛関係まで求める人もいます。二人は恋愛感情を抱くとも言えますが、現実で対面したことがないから、それは本物の恋愛ではないと考えている人が多いです。

職場での擬似恋愛ならば少々違います。今「社内恋愛厳禁」の会社はまだ多い、就業規則まで職場恋愛を禁止している会社もあります。また、既婚者の場合、家庭にも影響が出る恐れもあるので、擬似恋愛したくても、お互いの仕事や家庭に迷惑をかけたくないから、こっそりと肉体関係のない職場限定の恋愛みたいな関係を維持している場合が多いです。

擬似恋愛 浮気

浮気の証拠を確保する!不倫念書の書き方と注意点

恋人は口頭で今までの浮気行為を認めて、もう二度とやらないと誓ってくれました。しかし、果たして一度裏切った者は信じられるのか。今は素直に認めて、あなたと恋愛関係の再構築を目指すと言っていますが、いつの間にかまた約束を破って、昔の不倫相手と復縁したり、新たな不倫相手を探したりするかもしれません。今後の万が一に備えるために、事前に恋人から不倫の念書を作成したほうがいいです。

「不倫の念書を作る」とは、恋人は不倫関係があったことを認めて、不倫事実を念書という形式で記録することです。念書を作成することは、裏切りへの謝罪、そして誓約書という意味があります。これで、不倫相手は慰謝料を支払わないために不倫のことを否定しても、不倫念書は浮気証拠として不倫事実を証明することができます。また、不倫念書を浮気写真、浮気動画などと合わせたら、浮気された側は不倫の話し合いに優位に立つことができます。今後まだ浮気行為が発生して、離婚までになる場合、恋人からの念書は過去の浮気行為を証明する証拠として、裁判に提出して、一定の効力を持つことができます。

不倫 念書 書き方

不倫相手は略奪愛を狙う!?恋人が略奪されない方法

不倫されるだけでも大変なんですが、一番最悪な状況は「略奪愛」です。自分の恋人は他人に奪われ、大嫌な浮気相手はこれからあなたに取って代わり、恋人の本命になります。浮気された側にとっては徹底的なバッドエンドです。現在、世間には「略奪愛」癖がある人もいますよ。浮気相手はあなたの恋人が好きではなくても、チャンスを狙って彼・彼女に手を出してきます。

「略奪愛」のレベルアップは今不倫ニュースの中でよくある「略奪婚」です。不倫相手は恋人を心身とも横取りすることになり、恋人は不倫相手と本気で付き合い、最後元配偶者と離婚して不倫相手と結婚するようになります。

気づかないうちに、恋人が略奪されてしまうことだってあります。そのため、恋人は略奪愛が好きな浮気相手に狙われた場合、横取りされないためには絶対防御策を立てておく必要があります。今回は大切な恋人が浮気相手に奪われないための対策を紹介します。

略奪愛

不倫相手と別れたい!手切れ金の意味と相場

不倫関係にある男女は別れる際、不倫が自分の家庭や職場に悪影響を与えないために、手切れ金を払うことで不倫を終わらせる場合もあります。もちろん、不倫関係はそもそも法的守れた訳でもなく、道義上でも問題がある関係ですので、不倫の別れをする時は手切れ金を払う法的な義務はありません。

でも、不倫関係を終わらせたい時、不倫相手は別れを受け入れられないため、数ヶ月費やしても別れてくれない可能性があり、不倫関係を終わらせないために、脅迫までしてくる恐れがあります。その場合、不倫関係に決着をつける手段として、お金は役に立ちます。

不倫 手切れ金