アプリで浮気してはいけない!浮気アプリをブロックする方法

昔では、毎日帰りが遅く、休日でも残業ばかりの人ならば、おかしく考えられ周りの人達に「浮気している」と思われることがありました。浮気関係を発展するためには暇を出して浮気相手と恋愛感情を深める必要がありますので、浮気関係を持つ人も「常に用事で外に出る人」と思われやすいです。

しかし、今はインターネットが普及している時代で、携帯を常に手元から離さない人が多くて、人々の交流もますますネットや電話に依存していきます。恋人が側にいなくても、浮気相手と携帯でチャットして恋愛関係を進めることができるようになります。そのため、恋人の携帯の中の連絡アプリは、浮気関係を助長している大変なツールになっていたとも言えます。

でも、スマホにインストールした浮気アプリをブロックすれば、スマホユーザーはこのアプリを利用できなくなり、浮気相手との連絡手段もこれで失う可能性があります。多くの浮気カップルは浮気相手を遊び相手とみなし、二人は恋愛関係に本気になっていませんから、連絡が途絶えたら、二人はすぐ感情が冷めて自然消滅するかもしれません。そのため、アプリをブロックする手段を通じて、恋人の浮気を防止したり、やめさせたりすることも可能です。

浮気サイト ブロック

スマホ管理アプリmSpyで浮気アプリを制限する

浮気アプリを制限したい時、アプリをブロックする機能を持つスマホ管理ツールmSpyを利用してはどうですか?mSpyはアプリでスマホデータを収集してmSpyのコントロールパネルに集めたデータを閲覧できるツールで、浮気を防止したい人には役に立ちます。

mspy アイコン

【悪用厳禁】mSpyで恋人のスマホにインストールしたアプリをブロックし、または恋人のスマホのデータを収集したり管理したりしたい場合、まずは自己の責任を負い、事前に恋人の書面による許可を取得してください。本記事は犯罪を示唆する文章ではありません。

mSpyを利用するためには購入する必要がある
mSpyのサービスを購入したら、mSpyアプリをスマホにインストールしてから、スマホで集めたデータをmSpyのコントロールパネルで閲覧することができます。

mspy 購入 mspy 詳細

mSpyコントロールパネル:

mspy コントロールパネル

mSpyサービスを購入した後、mSpyのインストール方法とスマホの設定方法を紹介する説明書、そしてmSpyコントロールパネルにログイン用のユーザー名・パスワードがメールで送信されます。

mSpyアプリの実行
mSpyがインストールされたら、お知らせなしでバックグラウンドモードの状態で実行し始めます。スマホアプリデータの集めは少々時間がかかります。スマホデータの収集が終わったら、メールの提供したログイン情報でmSpyコントロールパネルにログインしてデータを閲覧できます。

インストールしたアプリを制限したい場合、左側リストから「Installed Apps」を選んでください。

mspy アプリ メニュー

「Installed Apps」でスマホにインストールしたアプリを確認でき、指定したアプリの右側にある「Block」を選択すれば、そのアプリを制限することが可能です。

mspy アプリ 一覧

ちなみに、左の「Block Websites」を選択すれば、浮気サイトをブロックすることも可能です。

サイトブロック メニュー

浮気調査の目当て:「浮気アプリ」

アプリを制限できるなんてすごく便利ですが、恋人の浮気を防止するためには、どんなアプリをブロックすべきですか?浮気に走る恋人、または浮気願望がある恋人ならば、「浮気アプリ」を利用して浮気を助長する可能性が高いです。アプリをブロックする機能が使える場合、次の紹介する「浮気アプリ」を狙う方が賢明だとも言えます。

出会い系アプリ
「出会い系アプリ」をインターネットで検索すればいっぱい出ます。「遊びたい」の人たちに多く利用されているもので、浮気相手を探したい人にはぴったりのアプリで、本命にとっては一番危険なタイプです。多くの出会い系アプリはFacebookなどのSNSと連携する必要がありますので、出会い系アプリのユーザーがお互いにSNSで連絡を取ることも簡単です。

スマホデータを隠す・削除するアプリ
「Secret Home」、「秘密通信簿」など、連絡情報や写真・動画ファイルを隠す機能を持つアプリは、スマホにある浮気証拠を隠すことに役に立つ浮気アプリです。そして、浮気情報を一括して削除できる消去アプリも恋人に愛用されています。

浮気用のSNSアプリ
浮気相手と恋人によく利用されて、二人の浮気感情を深めるSNSアプリは、浮気調査をする人によく狙われる目標です。LINEのような毎日使われているSNSアプリをブロックすることはほぼ不可能ですが、恋人は浮気するためには「浮気用SNSアプリ」を用意した可能性があり、複数のSNSで複数の浮気相手と連絡を取る可能性もあります。

浮気用SNS

浮気用SNSは一般的にはチャット・音声通話・ビデオ通話機能を持ち、浮気カップルの交流には大変便利なものです。もし浮気カップルはどのSNSアプリでチャットしているか心配しているなら、mSpyを通じてSNSデータの収集してみてはどうですか?mSpyで恋人のSkypeTinderWhatsappViberSnapchatなどのSNSアプリの利用状況を把握できます。これで浮気用のSNSアプリを見つけ出したら、そのSNSアプリをブロックすることで、恋人と浮気相手の交際を制限できます。

浮気用ブラウザ
恋人は浮気相手と連絡しなくても、ブラウザで浮気関連の情報を閲覧しているかもしれません。SNSと同じで、浮気記事を閲覧して出会い系サイトで浮気相手を探すために、恋人は「浮気用ブラウザ」を準備した可能性もあります。Firefox、Chromeなどのブラウザの閲覧履歴をチェックすれば、大量の浮気情報、出会い系サイトを発見してしまう可能性があります。スマホにあるブラウザの閲覧履歴やブックマークではほとんど浮気関連情報の場合、それをブロックして恋人の浮気傾向を弱めても良いのです。

標準アプリの制限について
初期搭載した標準アプリの中で、メッセージ、メールなどのアプリが浮気用の連絡手段になる可能性が大きいですから、気を付けないといけません。

でも、標準アプリへのブロックがなかなかできない上に、標準アプリが制限されたら、恋人のスマホ利用には大変不便で、浮気の防止策と言っても恋人にあんまりひどいと考えられます。ぜひ注意してください。なんといっても携帯の標準搭載していた基本機能ですので、恋人が標準アプリで浮気することに心配する場合、標準アプリをブロックするより、標準アプリの中身を調べる方がいいです。

ほかのアプリにも要注意

浮気アプリと言えばSNS、メール、メッセージアプリなどを思い出す人が多いですが、実際オンラインゲームアプリ、ブログアプリ、BBSアプリなど通じて浮気相手と連絡を取って、関係を深めることもできます。スマホの浮気調査をする時、ネットに繋がって他人と交流する機能を持つ全てのアプリには気を付けてください。

コメント

  1. 烟華 #1

    ブロックするより、直接削除すればいい~

    リプライ
    7日前

*メールアドレスは公開されません