罪悪感を持たせよう!浮気した恋人に後悔させる方法

浮気は今日本の社会問題になったとも言えます。絶対に浮気しない人、一度の浮気をしたらやめてしまう人、繰り返して浮気する人、世間が浮気への態度も様々です。恋人と言えばやはり一途なタイプが最高ですが、誰でも自分の恋人が絶対に浮気しない人とは言えません。もし恋人に浮気されたらどうしますか?ちょっと辛い場面ですが、そんな最悪な事件への対策は前もって考えておくべきです。

大好きなパートナーですから、恋人の浮気事件を許したい人もいるでしょう。しかし、恋人の裏切りを許して二人の関係を再構築したくても、まずは恋人に浮気をやめさせる必要があります。でも、もし恋人が浮気相手との恋愛に夢中になってしまう場合、どうすればいいですか?一度あることは二度もあります。パートナーは「浮気行為」が「ダメなこと」と考えなければ徹底的に解決できません。初回の浮気をやめさせても、恋人が浮気の香りに誘惑されてしまったせいで、これから繰り返して様々な異性と浮気関係を続けるかもしれません。そのため、恋人の浮気を徹底的にやめさせるためには、恋人に完全に後悔させて、浮気についての罪悪感を持たせる必要があります。

浮気 後悔させる

浮気した旦那と別れたい!そんな時に取るべき行動

「旦那と別れたい」と思っていますが、なかなかできませんか?
ママBBSなどのサイトで、「旦那と別れたい」はいつもホットな話題です。今、日本の離婚率と言えば、実は年々低くなってきます。でも、「別れたい考えを持つ妻」と「離婚までする妻」はやはり違うでしょう。妻はお金や子供の原因で夫と離婚まですることができませんが、旦那さんと別れたい考えを持つことは少なくないとも言えます。

妻がなぜ旦那と別れたいですか?理由と言えば「家事を手伝わない」「暴力を振るう」「愛情表現がない」「貧乏」「セックスレス」など様々です。旦那は結婚をきっかけに変わってしまい、最初の優しい人から急に横暴になったことは珍しくありません。

でも、婚姻関係を壊す一番悪かった原因と言えば、やはり「浮気・不倫」でしょう。旦那が禁断の男女関係に陥って、妻と子供を捨ててほかの女と付き合うことは、確実に道義上では許せない行為です。最初の浮気を許しても、旦那は浮気を繰り返して行う可能性があります。妻がそばにいなければ、チャンスを狙って風俗に行く旦那もいるでしょう。旦那は治らない浮気性がある男ならばほんとうに困ります。しかし、その場合はどうするほうがいいでしょうか?

夫と別れたい

裏切り者への仕返し!不倫・浮気の二人への効果的な制裁!

「恋人は浮気・不倫に走ってしまった!」
浮気・不倫された時、パートナーにやめさせても、相手は浮気を認めない、浮気相手と別れない、そのままに浮気・不倫関係を続けています。愛している妻・夫に裏切られた人はきっと苦痛で辛くてたまらないでしょう。

とんでもない境地に陥ってしまったら、気持ちもますます悪くて、浮気した二人に制裁を与えたくなります。その場合、不倫された人は苦しくて悲しいですが、絶対に理性を失ってただ暴力を振るっては行けません。しかも、相手を殴ることは、法を犯すことになります。制裁するとしても、冷静に今後の人生、恋人との将来を考えておくべきです。

浮気・不倫された人の中に、「絶対に許せない!」と思う人、「許して再構築したいですが、本当にあの二人が憎いです。」と考える人、どちらでもいるでしょう。せめて、相手に「浮気・不倫は罪、他人に苦痛を与える罪」と思わせたいです。その場合、合法的な制裁をうまく活用しても効果的ですので、恋愛中の二人を殴ったり蹴ったりはしなくてもいいですよ。では、これから、浮気・不倫した人への社会的な制裁方法を紹介します。

浮気 制裁

どちらでも裏切る行為!浮気と不倫の違い

浮気・不倫を話題にして会話を進む間に、なんとなく言い間違ってしまい、「浮気」と「不倫」を混同してしまう場合があるでしょうか?浮気も不倫も恋人を裏切って、パートナー以外の異性と関係を持つ許さない行為ですが、やはり何か違いがあるでしょう。

意味からみれば、二つの言葉は厳密な違いがありません。浮気・意味の区別だけではなく、どこからは浮気・不倫ですか?その認知にも個人差があります。
本記事は「浮気」と「不倫」の一般的に区別する方法を紹介します。

浮気と不倫の違い 

国際結婚に浮気・不倫されてしまったらどうする?

国際人と結婚するなんて昔は想像がつかないことかもしれませんが、インターネットで簡単に外国の人と連絡が取れる現代には珍しいことではありません。国と国の間に行き交いが頻繁になり、両国の人は結婚まで発展することはいいですが、国際結婚によって起こってしまった様々な問題も無視してはいけません。

2013年日本の厚生省の調査により、国際結婚の離婚率は六割以上で、二割ぐらいの日本の離婚率より大幅に超えてしまいます。文化が違う両国の人の婚姻関係をうまく築くことがなかなか難しいですので、異国の人と結婚する前に、二人の将来についてきちんと考えておくべきです。

国際結婚 浮気

結婚した後、一番起こしやすいことといえば、婚姻不和と浮気・不倫事情ですね。国際婚姻の場合、文化が違う二人は異国の文化に不満を持ち、恋愛感情をうまく維持できないようになる可能性があります。夫婦はお互いに不満を持つなら、それを解消・発散するために、浮気・不倫に走ってしまうかもしれません。しかし、浮気・不倫関係がバレてしまったら、かえって婚姻関係に悪化させて離婚まで発展させるんですから、ストレス解消の手段としてはよくありません。

真実を聞き出そう!浮気疑惑を確かめる方法

最近恋人の挙動がおかしくなり、態度も冷たくなりました。もしかして、浮気をしていますか?恋人の浮気を疑っている時、事実を確認したいですが、どのようにすればいいかわからない人がいます。浮気相手はほんとうにいるかどうかさえわからない場合、やはり本人に直接的に聞いてみる方がいいでしょうね。しかし、浮気のことを聞けば恋人に怒らせて責められるおそれもあります。

浮気をしていると疑われているなら、誰でも不快になるはずです。慎重的に浮気の話題へ誘導しないと、勇気を出して恋人に聞いても、相手の浮気を確かめることができません。軽卒な行動を取れば、恋人関係を壊してしまい、浮気していなかった恋人を浮気に走らせる可能性があります。責めるように問い詰めるより、婉曲的に問いかけてみてはどうですか?

彼氏が浮気疑惑

やっていないのに!浮気を疑われた時の対処法

「もしかして、浮気している!?」「浮気したら許さないよ!」不意に彼氏・彼女に疑ってしまう時もありますね。浮気していることはの浮気証拠を集めることで証明できますが、浮気していないことを証明するためにはなかなか難しいですね。「浮気していない証拠」を見つけ出して疑いを晴らすことはできなさそうです。では、どうすればいいですか?

浮気 疑われる

浮気をやめたい!不倫の代償は想像以上怖い

変化のない日常の生活が長くなると、非日常の生活を求めたくなっても不思議なことではありません。夫婦生活に飽きてしまい、パートナーより素敵な異性と出会う場合、浮気・不倫願望が湧いてしまう可能性もあります。しかし、恋人以外の人と恋愛に落ちたい方は多いですが、浮気・不倫に走る前に浮気・不倫の代償を考えておく人が少ないです。

不倫・浮気は背徳の恋愛関係として、婚姻の束縛から逃げたい人にとっては思う存分に遊んだり、情事を楽しんだりできることですが、世間からは許せない行為だと認識されています。個人は「恋愛が自由!」と考えながら一時的に不倫・浮気に走ったら、社会は容赦しない、不倫した人に厳しい制裁を加えるかもしれません。

不倫 代償

風俗は浮気なのか?恋人が風俗に行く時の予防策

夫が風俗に行ったことが判明すれば、怒りが抑えられない、浮気されたと考えて離婚したい女性が多いようです。お金を払って異性と遊んだり性欲を処理したりすることができますので、風俗通いを毛嫌いする人が多くても、風俗街は古くから栄えています。

風俗に通うことを裏切り行為とみなして恋人を許せない人が多いですが、浮気されたと思う側は風俗嬢や風俗店に慰謝料を請求できますか?残念ですが、風俗に悩まされる人は多いですが、風俗はただの接待サービス業務ですので、恋人が風俗に行っても、セックスの相手が浮気・不倫相手とは言えなく、風俗店にも不倫慰謝料など請求することができません。

風俗 浮気

でも、セックスする間に相手に本気になって、身体だけの関係から恋愛が生じることはドラマでよくありますね。もしパートナーが風俗店の相手と営業目的以外で肉体関係を継続的に持っているなら、それは不貞行為と認定されて、本命は相手に不倫慰謝料を請求することも可能になります。

家庭を捨てちゃダメ!母の浮気・不倫

母が不倫に走ってしまいました!そんなことに気付いていた時、どう考えますか?身近な人の浮気・不倫ですので、頭がいっぱいになってやり方がわからないかもしれません。でも、母親の浮気ですので、うまく解決できないと家庭崩壊になる可能性があります。ただ泣くばかりではいけません。

母は不倫で「婚外恋愛」を楽しむことが悪いと考える人もいますが、子供としてはお母さんの本当の気持ちをよく理解してみてはどうですか?家庭を裏切った不貞行為を母にやめさせたくても、母には乱暴な行為を取らないほうがいいです。

母親 不倫

母の不倫関係や両親の夫婦関係はやはり父親で対処することが最適ですが、子供でも母の不倫・浮気には自分の出来事があります。でも、子供がやりすぎたら、逆効果になるおそれもあります。もう後戻りはしない最悪の事態になる前に、できるだけ頑張りましょう!