中国版LINEで不倫する!?WeChatの浮気を発見する方法

WeChatと言えば、中国からのSNSアプリというイメージが強いでしょう。今登録アカウント数は6億万を超えて、中国版LINEと言われる気軽に使えるSNSアプリになったとも言えます。WeChatで使える機能と言えば、LINEとほぼ同じなチャット・トークの機能のほかに、お年玉の送信機能、無料スタンプ、ボイスチャットなどのユニークで便利な機能も持ち、日本でも愛用しているユーザーがいます。日本で一強のLINEを使い飽きてしまった場合、WeChatのような独特な海外SNSアプリを利用してみてもいいです。

しかし、LINEだけではなく、海外SNSアプリでも、浮気を助長する危険な出会いアプリになる恐れがあります。ユーザーがアプリで異性の友達を誘い出して、最初の出会いから浮気関係を持つカップルになり、浮気デートで感情を深めてから、ラブホテルまで行くことは珍しくありません。WeChatでも例外ではありません。日本のWeChat掲示板を見ると、素敵な異性を探して手軽な出会いを望む男女はたくさんいます。その中には、浮気傾向があり、浮気願望がある人もいるかもしれません。

しかし、WeChatについて浮気調査を行いたいなら、どうすればいいですか?

wechat

WeChatの浮気調査の注意点

WeChatはラインと同じ、チャット機能と音声・ビデオ通話機能を持ち、使い方もラインと似っています。浮気調査するときもチャット履歴などを調べるほうがいいです。では、これからはWeChatとLINEの浮気に関わる相違点について紹介します。

モーメンツ機能
WeChatのモーメンツに投稿した写真と文字はあなたの友達たちに見られ、そして友たちはコメント欄にあなたとチャットすることができます。モーメンツ(Moments)機能はFacebookやInstagramのタイムラインに類似していますが、モーメンツに投稿した記事とそのコメント内容を確認できるのは友達同士限定ですので、FacebookなどのSNSより秘匿性が高いです。浮気カップルにとっては気軽に使える機能でしょう。

wechat 発見 wechat 自分の投稿

特に注意すべきなのは、モーメンツに投稿した記事も公開範囲を設定できて、そしてアップマーク(@)の言及機能で特定の友達に自分の投稿行為を直接通知することが可能です。浮気相手がいる場合、恋人は公開範囲と言及機能を活用して、浮気相手だけに浮気写真などの投稿を見せる可能性があります。気を付けてください。

お年玉機能

ユーザーは本機能を通じて、一度に200元までのお年玉を他人に送ることができます。一度に送信できる金額が少ないですが、少額の催し物として楽しめることができます。恋人はお年玉で浮気相手にお小遣いを与えるかもしれませんから、浮気調査でWeChatを確認するとき、よく恋人とお年玉機能を利用するユーザーを狙うほうがいいです。

お年玉

ボイスメッセージ機能

WeChatで、ユーザーは他人とチャットする間に、ボイス機能で相手に音声のメッセージを送信することができます。WeChatのチャット画面の左下のボイスアイコンを押してから、表示された「トークホールド」ボタンを押しながらしゃべることで音声メッセージを作成して送信できます。

通常 トーク 画面 トークホールド 録音画面

日本人は本機能をあまり使わないといわれていますが、音声が文字より自分の気持ちをきちんと伝えますから浮気カップルはボイスメッセージで愛の言葉をお互いに話し合う可能性があり、浮気関係の恋愛段階を確認できます。そして、WeChatをチェックするとき、浮気相手のボイスメッセージを見つけたら、これで浮気相手の声を確認してから特定することにも役に立ちます。

WeChatを直接チェック・確認する方法

スマホ管理アプリ「mSpy」を通じては、恋人のスマホのWeChatアプリを確認する機能を持ちます。でも、チェックできるのはWeChatのチャット履歴のみですので、平日の浮気データ収集には役に立ちますが、直接的な浮気調査の代わりにしてはいけません。

mSpyはアプリを恋人の携帯にインストールしてからデータ収集して、そしてmSpyユーザーにログインすることで集めたWeChatのデータを閲覧できます。

mSpyコントロールパネルのプレビュー:

mspy コントロールパネル

【要注意】mSpyはスマホの様々なデータを簡単に収集して閲覧できる機能を持ちます。恋人のスマホにある浮気データを調べたい場合、まずは自己責任を負い、恋人の書面による許可、承諾を取る必要があります。本記事は犯罪を示唆する文章ではありません。

mSpyの購入:
まずはmSpyサービスを購入する必要があります。
購入したら、mSpyアプリのインストール方法、スマホの設定方法とmSpyコントロールパネルにログイン用のユーザー名とパスワードがメールで送信されます。

mspy 購入 mspy 詳細

mSpyの起動
mSpyアプリが携帯にインストールされたら、バックグラウンドモードのもとで、お知らせなしでスマホのデータを収集します。データ収集が終了したら、提供したユーザー名とパスワードでmSpyコントロールパネルにログインしましょう。

WeChatのトーク履歴を確認する
左側のリストから「WeChat」を選択してください。

mspy wechat メニュー

これで、トーク履歴はユーザーにより分けられ、一々閲覧できます。送信時間も確認できますよ。

wechat 履歴

ほかの海外SNSアプリにも気を付ける!

SNSアプリはLINEだけではない、外国人と交流する場合にはよくWhatsAppViberTelegram、Tinder、Skypeなどの海外SNSアプリを利用する必要があるでしょう。日本では使う人がまだ少ないですが、浮気カップルにとってはLINEの代わりにできる連絡ツールですので、見逃してはいけません。

コメント

*メールアドレスは公開されません