不倫で離婚する時の子供の親権への影響とその対処方法

親権とは、未成年者である子供を監護し、養育し、子供の財産を管理する権利です。そして、親権者は子供の代理者として法律行為をする義務も持ちます。子供の両親は婚姻中である場合、一般的には二人が共同して親権を行使し、子供の監護と養育を行います。しかし、何かの原因で夫婦が離婚する場合、共同して親権を通じて子供を養育することが不可能になりますので、父と母の中の誰かが親権者になるしかありません。その場合、親権者は離婚した配偶者に養育費を請求したり、相手と子供の面会を制限したりすることが可能になります。

配偶者の不倫で離婚になる場合、不倫された側は「恋人の不倫で離婚したので、私は子供の親権者になるはず」と考えがちです。しかし、実は離婚の原因と親権の判定は実は全く別で、親権の取得と恋人の浮気はかならず関連するとは限りません。これから、本記事は子供の親権を影響する要素を紹介して、親権の判断ポイントを一々説明し、不倫関係が親権の取得に対する影響も紹介します。

離婚 親権

親権者の判断

親権の取得は、普段夫婦の相談で決着をつけますが、両方の話し合いを通じてもうまく解決できない場合、家庭裁判所が調査を行い、そして家庭状況により離婚裁判をして親権者を判断します。

親権の判断ポイント

子供の年齢、性別
子供は十五歳未満ならば、「母性優先」の原則に従いやすくて、小さければ小さいほど母親の養育が必要と考えられます。そのため、乳児の場合は母親の方が親権を取りやすいです。子供が女の子である場合も、親権者が母親に決まりやすくなります。

今まで父母が子供養育への熱心度
子供の親権を決定する要素といえば、一番重要なのは「子供の幸せ」です。そのため、積極的に子供を養育する方、養育実績が豊富な方が親権を手に入れやすくなります。養育の成果のほかに、子供への愛情表現も大切です。

育児放棄と子供への虐待
何かの原因で、婚姻中には子供の養育を諦めたり、子供を虐待したりしたことがある方は、親権を得られない可能性があります。

父母の経済力の格差
両親の資産状況ももちろん考慮されますが、ほかの判断ポイントと比べてはそれほど関係がないのです。何故といえば、収入が多くて経済力がある方は養育費を支払うことで子供への養育を補えるからです。

父母の病気障害
重度の病気で子供への養育を悪影響する恐れがあります。

再婚相手と子供の関係
再婚相手が子供を虐待することを防止するために、親権を他人に与える可能性もあります。

子供の意思
親権の判断は子供の利益を中心にしますので、子供の意見も尊重されます。15歳以上の子供である場合には、子供の意思が重要視されて優先されます。そのほかに、幼ければ幼いほど、子供は父母のだれかに連れて行きたいか簡単に言えない、そして、目先の利益に心を囚われやすいから、その意思によって親権を決めるわけではなくなります。

親権 判断 ポイント

恋人の不倫関係を利用して親権を勝ち取る

不倫されたら必ず親権を勝ち取られるわけではありませんが、不倫された時は対策を立てて、できるだけ親権を手に入ることが可能です。

浮気で別居する時、子供を連れていく
別居する時は実際子供と感情を深めるいいチャンスです。パートナーのそばから離れた子供があなたと一緒に暮らしているなら、あなたは養育の実績を簡単に作成できるし、別居生活で仲がよくなった子供も自分の意思であなたを親権者として選択する可能性が高いです。

浮気証拠で恋人のネグレクトを指摘する
例えば、恋人が子供を養育する時間を利用して浮気に走ることは撮影日付を記録した浮気動画や写真などで証明できるでしょう。浮気証拠を通じて恋人が不倫している間に子供の養育を怠ることを証明できるなら、これで恋人のネグレクトを指摘して、親権を取る立場に優位に立つことが可能です。

不倫慰謝料を諦めることで親権を取得する
ずうずうしい不倫相手を利用して親権を取ることも可能ですよ。不倫相手は普段あなたの高額の不倫慰謝料請求に恐れていますので、あなたは不倫慰謝料を諦めることを条件として、不倫した二人と話し合い、その代わりに親権を取得することができます。なんといっても、浮気関係は子供には悪影響を与える可能性が高いです。お金より子供の幸せの方が大切でしょうね。

不倫された側は子供に不倫関係の悪影響に重点を置く
不倫された苦痛を味わった方は、成長して大人になった自分の子供も不倫されたり、不倫に走ったりすることを望まないでしょう。その場合、不倫したパートナーを例にして、子供に不倫関係の悪影響を知らせることも将来の悪運を断ち切る方法の一つです。成熟して大人の世界がわかった子供ならば、あなたの苦痛をしみじみ感じながら、不倫した親に不信感を持つようになりますから、自分の意思であなたと一緒に生活することを望んでいるかもしれません。それなら、親権を手に入れることもより簡単になります。

不倫 離婚 親権

不倫した方が親権を取りたい時の注意ポイント

不倫行為は親権の判断に影響を及ぼしますが、不倫した人でも親権者になる可能性があります。そして、家庭裁判所は「子供の利益」を重要視するため、子供をあなたに託しますので、不倫した側としても、子供を養育して、監護する責任をきちんと取ってください。

不倫した人の中には、離婚してから不倫相手と結婚したい人が多いし、親権者になり、元配偶者から養育費をもらいながら、子供と不倫相手と一緒に幸せに暮らすという「ハーピーエンド」を望んでいる方もいるようです。しかし、理想の未来計画を立てる前には、不倫相手が本気であなたと一緒に元パートナーの子を養育したいかどうか確かめる必要があります。不倫相手があなたと結婚した後、目標が達成したため、あなたの子供を虐待し始める場合もないとは言えません。

そして、略奪婚は不倫で始まり、不倫で終わる恐れがありますので、不倫関係で築いた婚姻は新たな不倫で崩れる場合もあります。親権を取った後、子供が何度の親の不倫で身も心もぼろぼろになる破局を迎えたくないなら、新たな恋人との信頼関係は深めないといけません。子供の幸せのためには、自分の義務を立派に果たして、子供を不幸にする親にはならないように頑張るべきです。親権を取りたいならそんな覚悟は取っておきましょう。

コメント

  1. 日和 #1

    浮気した人から親権を勝ち取るために、子供との絆を深めるべき
    子供の成長を見守り、散歩と遊びなどで距離を近くするほうがいいかも

    リプライ
    2018-04-7
  2. 志保 #2

    不倫や浮気事件が発生したら、子供にも多大な悪影響があるだろう
    その後の子供の人生を壊すかもしれない

    リプライ
    2018-05-11

*メールアドレスは公開されません