不貞行為の代償!ダブル不倫の慰謝料請求について

ダブル不倫、つまり、お互い配偶者がいる二人が不倫をしたことです。パートナーのw不倫が発覚した場合、配偶者は不倫した相手に慰謝料を請求することができます。慰謝料請求は、主にパートナーの不倫関係を清算して、不貞行為が家庭への破壊を止めて罪を償うためのベスト対策だと思われます。

不貞行為に基づいた請求なので、パートナーが「配偶者がいる場合、自由意思で配偶者以外の異性と肉体関係がある」という条件を達成しないと、不貞行為と見なされないため、慰謝料の請求もできません。そのため、慰謝料を請求する前には、本条件を証明して不倫関係を判定できる証拠が必要です。つまり、w不倫中の二人が肉体関係を持つ・お互いに配偶者がいることを知った証拠を示す必要があります。

w不倫 慰謝料 請求

w不倫をしている場合に、不倫者は離婚したい自分の配偶者と被害者としての不倫相手の配偶者からそれぞれ離婚・不倫慰謝料を請求するような二重払いの悲劇になるかもしれません。でも、もし両方とも離婚などはしたくないため、不倫関係を断ち切ってから元の家族・婚姻関係を修復する道を選択すれば、話し合いで慰謝料請求をやめることができます。

もちろん、不倫されても、婚姻関係を維持して、家族と一緒にいたい方がいます。そして、不貞行為を反省してから、離婚したい配偶者を止めて家庭を守りたい方もいるでしょう。わざわざ不倫関係を法律で裁判して、両方の家庭を徹底的に破壊するより、できれば両方とも納得できる答えが出るまでに、冷静に話し合いを続けて内々に解決してから、家族修復に向かって頑張るほうがいいですね。

慰謝料を請求する方法

弁護士に依頼しなくても、メールで慰謝料を請求することができます。内容証明郵便を利用すれば、郵便局が内容を証明するため、内容証明郵便は普通郵便より厳密な作り方と出し方があるため、証拠として利用できて、不倫相手には心理的・精神的な面に対して威圧を加える効果があります。

書面に載せるべきな内容:

不倫のこと
慰謝料を請求すること
慰謝料金額の詳細情報
(一枚の用紙は520字以内で文字数制限あり)

また、弁護士に依頼して慰謝料を請求させることもできます。
相手が紛争処理の専門家なので、不倫相手との交渉がよりやすいです。
でも、その代わりに費用がかかります。

慰謝料請求に関わる弁護士を依頼する関連費用一覧(参考用資料):
相談費用:一般的に30分5千円です。
(事務所により、たまに1時間まで無料相談チャンスあります)
着手金:一般的には請求慰謝料金額の5%です。
成功報酬:一般的には獲得した慰謝料金額の10~20%です。

w不倫 慰謝料

w不倫の慰謝料の金額と言えば

慰謝料の相場と言えば、不倫被害者の辛さに従って金額は異なりますが、ただ不倫された配偶者の精神的な辛さ・悲しさだけで決めたものではありません。一般的には、当事者の方(被害者と不倫者など)が話し合いで納得できる支払い額を決めます。

公的機関は具体的な慰謝料を算定することができませんが、もし当事者の方たちは支払い額を決めることができない場合なら、慰謝料に関連する資料を参考にすることができます。

具体的には様々な要素に影響されていますが、大体「不貞行為の悪質程度」と「婚姻の持続年数」を中心にして金額を算定してみます。程度があると考えますが、婚姻年数が長ければ長いほど慰謝料が増加します。

それ以外には、慰謝料も色々な細部により検討しています。
これからは慰謝料を算定する時、特に重視する大切な要素について説明します。
w不倫の悪質程度や不倫者の責任を評価する時、これを参考にすることはお勧めします。

請求される不倫者への評価
まずは様々な面において不倫者の品格に評価して、慰謝料の判断を影響します。
不倫者の異性関係:もしは元々浮気癖のあってだらしないタイプの不倫者ならば、一度だけの不倫者より責任が大きいとされます。
不倫者の年齢:一般的には、年上のほうが責任が大きいと推定されて、年齢が高ければ高いほど慰謝料も高くなります。
不倫者の意思:積極的で不倫をして、不倫関係に夢中になるほうが責任が大きいです。そして、不倫者が元の婚姻関係を修復しようと努力しているタイプならば、責任が軽くなります。
不倫者の職業・収入:社会的な地位や収入が高いお金持ちならば不倫の悪質程度により慰謝料がたくさん取られたケースがあります。
不倫者の認知:w不倫をしていることは知っていますか?不倫相手が単身だと間違って考える人もいますよ、
不倫者の妊娠・出産:つまりw不倫で婚外子が生まれたかどうかという判定です。婚外子がいれば慰謝料が高くなります。

不倫関係への評価
不倫時間:もちろん長ければ長いほど被害程度が大きいとされます。
不倫関係の継続:つまり不倫を続ける積極性です。もう別れたいですか?それとも、配偶者と離婚するまで続けたいですか?
不倫関係の目的:目的により不倫の被害程度が異なります。ただ情事を楽しみたいですか?それとも、略奪婚をするつもりですか?
不倫関係の程度:不倫関係はどのぐらいですか?不倫の二人は同棲していますか?

家庭関係への評価
婚姻年数:長ければ長いほど責任が大きいとされなす。
初婚・再婚:不倫者でも被害者でも、再婚者の責任が初婚者より大きいと推定されます。
婚姻関係:家族の関係が元々悪いなら、不倫相手の責任が軽くなります。
家庭修復:夫婦の関係が修復できるか?それとも直接的に崩壊に走りますか?それも判断の要素です。
子供への影響:子供の人数が多ければ多いほど不倫者の責任が大木いとお思われ、子供が幼ければ幼いほど被害が大きいと推定されます。
別居状況:元々夫婦二人が別居している場合、別居時間が長ければ長いほど不倫者の責任が軽くなります。でも、不倫をしたため別居になる場合、逆効果になるはずです。
暴力行為・自殺未遂・神経症:不倫者から虐待を受けて精神的な苦痛により、自殺未遂になって精神のバランスを失った方なら慰謝料が高くなります。

離婚後の状況への評価
離婚した後、被害者の状況も大切な条件です。
経済力:貧乏になりやすい方が慰謝料を増額できます。
再婚可能性:不倫された方が高齢などの原因により再婚する可能性が少ない場合、慰謝料を増額できます。
離婚時の財産分与:財産分与でもらった金額が大きい場合、それ相応にもらった慰謝料が少なくなる可能性があります。

ただ被害者の辛さだけではなくて、様々な条件でも慰謝料を決めるために、請求する・請求される時はぜひ注意してください。最後の計算結果として、w不倫の慰謝料は一般的には100万円~500万円ぐらいです。

ダブル不倫 賠償

家庭崩壊より家庭修復

w不倫をしたら、不倫者が自分の離婚する配偶者側と不倫相手の配偶者側から同時的に慰謝料を請求することがあります。パートナーが離婚請求をする場合、また子供の養育費や夫婦の財産産分などに苦しむようになります。家庭を守りたいなら、不倫関係を清算して、離婚をなるべく回避して、これから婚姻関係を修復するように話し合う方がいいです。

コメント

  1. 草川 晃司 #1

    浮気がバレたら大変お金がかかりますね。

    リプライ
    2017-03-7

*メールアドレスは公開されません