「iPhoneを探す」で浮気を追跡する方法

夫・妻の浮気と言えば、おかしい理由で外に出かけてから、浮気相手とデートしたり、ラブホテルに行ったり、旅行に行ったりする場合が多いでしょう。その時、パートナーの行動範囲は測定できなくて、自分の足で浮気中の二人に追跡して遠方まで出かけることは無理です。そのため、相手の居場所・浮気現場がわかっても浮気を調べて証拠を集めることも難しいです。では、探偵に頼んでいない場合に、楽にパートナーの位置情報を遠隔で把握する方法はありますか?

手元のiPhoneを活用すれば、GPSを通じて、パートナーの居場所を簡単に調査することができて、浮気を見破ることが可能です。相手のApple IDとパスワードが必要ですが、やはりこんなチャンスを逃してはいけません。これから、「iPhoneを探す」機能を利用して、浮気中のパートナーの居場所を携帯で追跡するやり方を紹介します。

「iPhoneを探す」はどんなすごい機能でしょうか?

iPhoneを探す アイコン

「iPhoneを探す」、つまり「Find iPhone」はGPSでiPhoneの位置情報を手に入れて、iPhoneの居場所を一目で分かる機能です。つまり浮気調査アプリではなくて、iCloudの初期搭載した機能だとも言えます。本機能はキャリアに関わらずに利用できますが、追跡したい相手はiPhoneユーザーで、所持している端末はiPhoneである必要があります。

「iPhoneを探す」はもともとiPhoneの紛失や盗難が起こる時、iPhoneの位置を確認して中身のデータを保護するための機能です。「iPhoneを探す」という機能をiPhone端末に設定しておけば、地図上からGPSでiPhoneを位置情報を確認したり、サウンドを再生させたり、紛失モードで端末をロック・追跡したり、中身の個人情報を削除したりすることが可能です。こんな便利な機能を持つために、浮気の追跡をしたい時も役に立てます。

でも、「iPhoneを探す」機能を使うために、iCloudにログインして、iPhoneの「iPhoneを探す」設定をオンにしておかないといけません。また、利用する時もiCloudにログインする必要があります。そのため、事前にログイン用のパートナーのApple IDとパスワードをもらえる必要があります。Apple IDはメールアドレスで、パスワードは8文字数以上の文字列です。Appleの IDとパスワードは入力が数回も間違ってしまったら、一時的には無効化するために、パートナーの正しいメールアドレスとパスワードを早めに入手することが必要です。そして、相手のiPhoneを探す時はパソコンのSafariやGoogle Chromeなどのブラウザ、またはiPhone・iPad・iPodなどのiOSデバイスでiCloudにログインするため、できれば、事前にパートナーに自宅の共用しているパソコンにログインさせてください。
 
iCloud サインイン 画面
 

iCloudのログイン通知について

 
iPhoneを探す iCloud設定
 
まずは目標のiPhoneの設定からiCloudにログインしてから、「iPhoneを探す」をオンにする必要があります。そして、iCloudにログインする時、通知メールはパートナーのメールアドレスに送りますが。iCloudにサインインしたことはお知らせたが、サインインする時刻、サインするために利用されたApple ID、端末やブラウザをお知らせるだけで、「iPhoneを探す」機能が使われたことは通知されません。メールの表現はやや曖昧ですのであまり心配する必要がありませんが、浮気調査がバレることに恐れるなら、「iPhoneを探す」機能を利用する前に、前もって相手から許可を取ってください。
 
iCloud通知 メール
 
相手の警戒心を解くためには、最初にiCloudにログインする時は、ただカレンダーを見たり、日常のメモを取ったり、二人の写真をアップロードしたり、データのバックアップをしたりするだけで、パートナーに「あなたに使わせても日常の操作をするばかりで大丈夫だ」と思わせてください。常に相手のiCloudにログインして簡単な操作をしていれば、「iPhoneを探す」機能を利用する時、お知らせのメールがパートナーのメールアドレスに送っても、相手はこれが大したことではないと思うため、自分は安心にパートナーの居場所を探して追跡できます。
 

浮気の二人を追跡できる「iPhoneを探す」機能の使い方

 
iCloud ウェブ版 サインイン
 
では、これから「iPhoneを探す」を利用しましょう!
前に述べた通りに、Apple IDとパスワードを入力して、iCloudにログインしてから、機能を利用します。
iOSデバイスの場合は直接的にCloudにサインインできますが、パソコンの場合はブラウザでiCloudにサインインします。
iCloudに入ったら、「iPhoneを探す」のアイコンを探して、クリックしてください。
 
iCloud ウェブ版 iPhoneを探す
 
次に、マップが展開されて、iPhoneの位置情報は航空写真や地図に表示されます。マップのサイズが調整できるし、特定の建築物で確実な位置を測定するも可能です。
 
iPhoneを探す 地図
 
これで、浮気の二人の位置情報を正確に把握します。
また、自分の探したいiPhoneを選択すればメニューが表示されます。遠隔で下記の機能を使用できます。
1.サウンドを再生させる(端末を見つけるための機能です)
2.紛失モードを起動(端末がロックされます)
3.iPhone端末の中の個人情報を消去
 
浮気の追跡をする場合、GPSで相手の居場所を検索して確認すれば十分だと思いますが、以上の機能を利用してパートナーのデバイスに操作を行ってもいいです。
 

GPSで浮気を調べる時は覚悟が必要!

 
iPhoneを探す 浮気調査
 
「iPhoneを探す」などの機能はGPSでパートナーの位置情報を追跡できるために、浮気を調査したいなら役に立てますが、使う前にはまずそれ相応の覚悟をしてください。
あなたは自分の恋人を信頼しないため、相手のプライバシーを侵害していますよ。
もしiPhoneでパートナーの居場所を追跡していることがバレたら、きっと相手に怒らせて、警戒されているでしょう。二人の関係が劣化したら、個人情報の侵害を理由として損害をもたらすことも可能です。だから、iPhone追跡機能で浮気を見破りたい前にはよく考えてください。

コメント

  1. 津秋 江梨佳 #1

    iPhoneを探すって便利な機能です。
    浮気調査をするだけではありません。
    盗難・紛失する場合にも役に立ちます。

    リプライ
    2017-01-23
  2. Anton #2

    iCloudログインが必要?Apple IDを事前に取らなきゃ難しいね

    リプライ
    2018-03-11
    • admin

      コメントありがとうございます。
      そうです。「iPhoneを探す」機能を利用するためにはiCloudにログインすることが必要です。

      リプライ
      2018-03-14
  3. もも #3

    iPhone X使っています。
    始めから 「iPhoneを探す」 のアプリが携帯の中に入っているのですが、このアプリで自分のiPhoneから探したい相手のiPhoneのApple IDを入力しても、相手に通知は行きますか?

    リプライ
    1日前

*メールアドレスは公開されません