過去の不倫に苦しんでいたあなたに送る不倫を忘れる方法

不倫された側はともかく、不倫した二人でも、不倫の記憶をなかなか忘れないでしょう。不倫事実が終わっても、不倫での傷が残り、当事者たちの心を噛み付いてしまうバッドエンドになる場合が多いです。

「不倫トラブルが既に解決されたため、不倫への記憶は気持ち悪いけど、捨てなくてもいい」という考えを持つ人も多いでしょう。しかし、不倫のことを思い出した時、その不安や苦痛はどうにも解消できなければ、最後には病気になるおそれがります。その精神的な苦痛を抱きながら、毎日辛く暮らしていくと、心身ともに疲れ切って、不倫の過去でトラウマを受けてうつ病で苦しむかもしれません。

もちろん、不倫はそう簡単に忘れる経験ではありません。「忘れる」が「覚える」と同じ難しいことですので、今回は不倫を忘れて、心の中の不倫をさっぱりと消え去る方法を紹介します。でも、「記憶」と同じで、「忘却」を達成するためにも時間がかかりますので、早く辛さから解放し、不倫の泥沼から徹底的に脱出したい気持ちは分かりますが、忘れてみる前に、不倫との長い戦いには覚悟を取らないといけません。

不倫 トラウマ 忘れる

【不倫した人向け】不倫相手を忘れる方法

過去の不倫にはしっかり反省しましたが、なかなか不倫相手の姿を忘れられない、どの場合にはどうすればいいでしょうか?

一.普通の生活に戻る
不倫を忘れるために一番大切なのは、不倫する時間を日常から削除することです。昔は不倫をするために、平日の夜や週末を「不倫用」とするかもしれませんので、そんな意欲を捨てなければ、不倫した時間になるとつい不倫を思い出して、昔の不倫相手と復縁してみたくなり、新たな不倫相手を探し始めたりする恐れがあります。それなら、不倫を忘れるどころか、不倫との「縁」は徹底的に断たなくなります。

二.新たな目標に集中する
不倫に夢中になる昔の自分とさよならするために、不倫の代わりに新たな目標を立てて、新たな「核」で自分を支える必要があります。自分を忙しくして、何かに時間を忘れるほど熱中すれば不倫は自然と忘れるでしょう。心を穏やかにして、刺激的な不倫恋愛より趣味や仕事などに没頭し、昔の不倫の時間を家族と一緒に過ごし、将来のために頑張るほうが賢明です。

三.不倫の思い出に関連する物事から遠ざける
不倫相手を忘れようとしたいけど、不倫相手の連絡先やSNSを見かけるとなんとなく相手の姿と不倫を思い出してしまう、そんな経験もあるでしょう。リアルでの接触や連絡先・SNSでのチャットは言うまでもない、電話番号やSNSアカウントなども直接削除すればいいです。何故といえば、人間は連絡する気がなくても、昔から今までの「悪習」で相手のIDを見ると話し合いたくなる生き物です。

そのほかに、不倫相手の使った物、送ったプレゼント、二人が行ったことがある場所、特に不倫デートのや不倫旅行の目的地なども不倫を思い出せる恐れがありますから、できるだけ遠ざかるようにしましょう。

不倫相手 忘れる

【不倫された人向け】不倫での陰鬱を忘れる方法

不倫された側は不倫を解決するまでにはずっと不倫した人たちと戦っていましたが、不倫が解決されてもその戦いは終わっていません。不倫を忘れるために、今回は自分のトラウマと戦います。

一.恋人と距離を置く
パートナーとの関連修復のためにちょっと距離を置いて感情を冷めることが珍しくありません。別れた後には不倫で受けたトラウマを解消するためにも、しばらく元恋人と会わないほうがいいです。恋愛や不倫の当事者と距離を置いたら、恋人の顔を見ると浮気されたのを思い出すことは発生しません。もちろん、暴力や喧嘩を通じて不倫相手に復讐することもやめてください。不倫を自然と忘れるために一番大切なのは冷静さです。

二.楽しむためにお金を使う
「気分転換に買い物」という言葉、聞いたことがあるでしょうか?気分転換のためにショッピングを楽しむことが効果的です。不倫での鬱々とした気分から抜き出したい場合、ショッピングを通じてはストレスを解消してみてはどうですか?もちろん、お金を使うといえば買い物だけではなく、贅沢な食事やご褒美旅で自分を癒してもいいです。

三.不倫について相談相手を探す
不倫されたことが恥ずかしいから周りに言いたくない、その不快を感じながら毎日過ごすしかありません。そのため、恋人の不倫が今までも忘れなくなるかもしれません。その場合、適切な相談相手を選んで自分の悩みを打ち明けて、気持ちをリラックスさせるのも重要になります。信頼できる相手と不倫を相談してアドバイスがもらったら、過去の不倫を捨てるだけではなく、今後の人生の再構築にも役に立ちます。

相談相手

不倫の過去を忘れた後

不倫を忘れようと言っても、不倫で気付いたことを忘れるというわけではありません。不倫した原因・不倫された原因、または二人の非とか、恋人との今までの恋愛関係、今後の不倫トラブルの防止など、様々なことを考え始めないといけません。「忘却」は終わりではなく、始まりなんです。

コメント

  1. Ashe #1

    された事実は忘れない、一生忘れないと考えますが…
    できるだけ頑張ります。

    リプライ
    12日前

*メールアドレスは公開されません