いつまで請求できるの?浮気の慰謝料請求の時効について

配偶者として不倫されてしまい、心が傷ついた場合、不倫のトラブルで悩んでいる時は大変ですが、絶対に浮気の決定的な証拠を集めるてから、慰謝料を請求することを忘れないでください。

パートナーと不倫相手の不貞行為によって、婚姻関係が破綻している配偶者は不倫の二人に慰謝料を請求する権利を持ちます。法律上では、「不法行為に基づく損害賠償請求権」と呼ばれます。

不倫 時効 カウントダウン

でも、一部の犯罪行為と同じで、不貞行為も「時効」があります。時効が過ぎたら、不倫への慰謝料請求が難しくなり、相手の過去の不倫を確認しても、「罪に問う」ことができなくなります。

特に、不倫している二人も、きっと不倫慰謝料の請求時効を知っているはずです。不貞行為への懲罰から逃げさせないためには、苦しいですが、早めに浮気調査をして、証拠を集めて慰謝料を請求するほうがいいです。

 

不倫慰謝料の請求時効について

二人の不倫関係は民法の「不法行為」と認められると、本命は不貞行為によって精神的な苦痛を受けたことを理由として不倫慰謝料を請求できます。

第724条
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

以上の法律に参考すれば、加害者(浮気相手)を知った時から3年、または不法行為(不貞行為)が起きた時から20年が過ぎたら、慰謝料を請求する権利は時効が経過したせいで消滅してしまいます。

そのため、浮気相手が判明してから、3年内に慰謝料を請求しなければ、請求権は時効によって失って、請求が難しくなる恐れがあります。

権利の上に眠る者は精神的なショックを受けても法律に守られません。そのため、二人の不倫が発覚して、罰を与えたいなら、3年の間にはできるだけ配偶者と不倫相手を訴えてはどうですか?

浮気 慰謝料 請求期限

時効が経過したら絶対に請求できなくなる意味ではない

慰謝料を請求する権利は時効が過ぎたら自動的に消えてしまうわけではありません。請求の権利を消すためには、慰謝料が請求されるパートナーや不倫相手は「時効が経過したので慰謝料は支払いしません。」と主張して時効を援用する必要があります。

また、パートナーや不倫相手は慰謝料を承認した場合、再び時効を援用して慰謝料の支払いを拒絶することができません。その時、時効が経過しても慰謝料の請求が可能です。

不倫慰謝料請求権の時効の計算について

時効の起算日は「不倫の事実を確認する日」です。そのあと、とある日にパートナーが再び浮気に走ってしまい、または新たな浮気相手と浮気することが確認できるなら、その日から新たな時効が始まります。

また、3年の間に、慰謝料を請求するために、請求書を送信して、不倫相手も慰謝料の支払いを確認したら、時効消滅をやめることが可能です。

でも、慰謝料の請求が遅れたせいで、請求が失敗したり、もらった慰謝料が少なくなったりする可能性もあります。

そして、法律裁判での慰謝料請求は時間がかかりますので、法律上では「催告」という制度があります。裁判の以外に内容証明郵便を送信してから、慰謝料の請求しておけば、請求時効が一時的に停止させることができます。その後、6ヶ月の間に訴訟を提出したら時効は0に戻ります。

不貞 慰謝料 時効

証拠を用意しておくことが大切!

浮気相手や配偶者から慰謝料を請求したいなら、早い段階でやることはおすすめします。でも、慰謝料を請求するためには、確実な不倫証拠を出すことが必要です。浮気・不倫の定義を確認してから、調査を始めましょう!

コメント

  1. PeterPan #1

    慰謝料の請求時効は3年以内なのですね。長いと思います。

    リプライ
    2017-04-20

*メールアドレスは公開されません