キスをめぐる不倫恋愛事情:キスだけでの不倫行為!?

どこからが不倫ですか?その認知にはかなり個人差があるようです。法的な「不貞行為」の定義から見ると、「配偶者がいる場合、自由意思で配偶者以外の異性と肉体関係を持つ」という行為は問題なく不倫に決まっているでしょう。しかし、もし既婚者である人は他の異性とセックスのない恋愛を続けているなら、それも「不倫」と言えばますか。

例えば、「キスだけ」の関係を維持しているなら、それは「不貞」、「不倫」ですか。

唇と唇を接する本格的な「キス」は男女の愛情表現、またはロマンチックな象徴として世間に知られています。フランスなどの国では男女でも日常生活にはよくライトキスして挨拶していますが、日本人にとって、キスはやはりそう簡単にできる友愛表現ではありません。

そのため、キスは今「親密な関係のサイン」として活躍しています。キスした二人はこれから恋愛関係を始める、また恋愛中の二人はキスを心を込めた愛情表現とする場合は珍しくありません。

では、既婚者なのに配偶者以外の異性とキスする行為は何でしょうか。周りの人々から見れば言うまでもない「婚外恋愛」の表現ですが、「キスだけの関係ならば、不倫はともかく、浮気にもならない」という見方もあります。

不倫 キス

既婚者なのにまだ他の異性とキスする原因

なぜパートナー以外の人と愛のキスをしますか?特に相手も既婚者同士である場合、w不倫に思われやすいでしょう。本当に変ですよね。ここではその軽はずみな行動をする人の心理を分析してみます。

一、ほかの異性とのキスで刺激を味わう
配偶者とのキスに慣れたら毎日キスしてもくだらないと感じますので、他の異性とのキスで退屈な日常から抜け出して刺激を求める人もいます。軽いですがキスだけで簡単に退屈を解消できますので、飲み会などの場合に恋人は酒酔いのせいでつい気に入る異性をキスしてしまうかもしれません。二人の気持ちがこれで盛り上がると不倫関係まで発展する恐れもあります。

二、恋愛感情が抑えられない表現
相手のことを好きだったから恋人はキスという愛情表現で好意を伝えてみたい可能性もあります。既婚者ですので、告白やデートなどがなかなかできない場合、キスという親密な行為で自分が好意を抱くことを示し、「不倫の誘い」をすることもあります。

三、純粋に相手とセックスしたい
気持ちが盛り上がると不倫相手を探し、一緒に遊んでから相手をキスして不倫したいという癖を抱く人もいます。精神的な面ではただの遊びと考えますから本気にはなりませんが、自分意思で配偶者以外の異性と肉体関係を持つことは、言うまでもなく「不貞行為」なんです。

やはり恋愛やセックスではキスから始まるものが多いです。恋人は自分の意思でほかの異性とキスすることは、相手と浮気や不倫関係を発展したいという不倫願望を持つ可能性が大きいです。不倫されないようにぜひ気をつけてください。

不倫 キス 原因

既婚者である恋人は他の異性とキスした時の対処法

「不倫のサインのキス」を目撃したら、不倫されたかどうか確かめましょう。そして、「肉体関係を持つ本物の不倫」と「法的な制裁がされないためのキスだけの不倫」の見分けもする必要があります。

一、キスから始まった不倫に気をつける

キスしたら不倫感情があるサインですので、不倫されたことを疑う方はこれから浮気調査を始めてはどうですか。浮気調査と言えば、一般的にはスマホやパソコンから浮気証拠を集め始めるものが多いです。でも、不倫した二人は自宅や車で情事を楽しめた可能性もありますので、やはりどこでも忘れないように調べる方が賢明です。調査を通じて強力な不倫証拠を見つけ出したら、二人の関係を法的な「不貞行為」として証明し、慰謝料請求をすることができます。

二.キスだけでは「不貞行為」にはならない

でも、「不貞行為」の認定をさせるためには決定的な浮気証拠が必要です。キスや腕立てなどの行為は世間から見ると問題なく「不倫」ですが、法律上での「不貞行為」の証拠としては説得力がまだ足りません。一緒に食事をしたり、連絡を取り続けたりすることも不貞の証明にはなりません。そのため、相手は「キスだけの不倫」をした場合、「不貞行為」の認定がなかなかできなくなるのです。

「不貞行為」を証明するためには、せめて「二人が自分意思で肉体関係を持つ」と推測できるものが必要です。現場の不倫写真とか、ラブホテルの出入りを証明できる証拠とか、入手することが難しいですが不貞行為の裁判には役に立ちます。もちろん、キスや腕立てだけの写真や映像などでも、二人の親密な関係を示しますので、一緒に浮気証拠として提出されてもいいです。

三、法的「不貞行為」から逃げる為の「精神的な不倫」
不倫した二人が肉体関係を持ったら、不倫感情には本気になりやすいし、セックスで厳しくなった不倫の罪悪感と自分嫌悪で潰れる可能性もあります。不倫の肉体関係が周りにバレたら、日常生活には悪影響を与えるし、「不貞行為」と認定されて不倫された側に慰謝料が請求される恐れがあります。不倫の代償は想像以上怖いですから、不倫カップルは制裁から逃げるためにも様々な方法を考え出しました。

現在、世間に議論されたくないために「精神的な不倫」に走る人が徐々に増えてしまいます。精神面だけの不倫ですから、肉体関係が持たない、法律上では「不貞行為」とは認定できない、配偶者に問い詰められても「セックスしていない」「不倫ではない」で言い逃れできます。二人はセックスしていないかぎり、デートもできるし、会話や連絡も楽にできます。恋人は不倫相手と「キスだけの不倫」の関係を維持し、セックスしないけれど親密な恋愛関係を築いているかもしれません。

でも、「キスだけの不倫」は変わりやすい愛情を主にするものですから、本命との恋愛関係や周りの見方などに影響されやすいはずです。恋人との関係を改善したり、恋人の不倫行為を責めたりすれば、キスだけで繋がる感情はそのまま冷めて自然消滅する可能性があります。

浮気 キス 対処法

四、恋人は不倫していなくても不倫願望があるかも
「恋人は不倫していない」と確信しても、恋人はキスで異性に好意を示したことは変わりません。不倫願望があることはおかしくないとしても、我慢できなくその願望を実行すれば周りにダメージを与えます。幸せな家庭・婚姻生活が潰されないために、これからは恋人の浮気を防止し、その不倫願望を解消することを目指して対策を練る必要があります。

心配しすぎたら心身を壊す

恋人のキスを目撃したから、「もしかして不倫相手…?」「不倫されたらどうしよう?」などの問題に心配し始める人が多いです。確かに不倫はキスから始まるものですが、キスだけで不倫に心配しすぎたら身体と心には悪いです。不倫されないのに不安でストレスが溜まって病気になると大変ではありませんか。本当に不倫されても、不倫した二人を制裁するために身心の健康を大切にするべきです。浮気への不安を解消し、不倫されないために恋人との仲を深めましょう。

コメント

  1. Panda #1

    キスは愛情の象徴~
    不倫しない二人としても、キスしたらすぐ堕ちるよ :mrgreen:

    リプライ
    24日前

*メールアドレスは公開されません