他人の好意に要注意!不倫の誘いを断る方法

不倫は良くないと考えていますが、他人から不倫の誘いがかけられるとどうするつもりですか?突然告白されたら、現状が分からずに不倫恋愛に陥る可能性もあるし、不倫したくないが強要されてやり始める恐れもあります。

特に誘いをかけるのは目上の人である場合、誘いを断ると仕返しのために嫌がらせがされるかもしれません。不倫はやってはいけないとわかりますが、誘いが来るとやはり状況が違います。不倫の誘いを断りたくても、相手は今まで自分を密かに狙っていて下心を持つ人ですから、そう簡単にはできないはずです。

そのため、今回は他人から不倫の告白がされた場合、相手を不快にさせない上で上手に断る方法を紹介します。不倫のような複雑な関係から逃げて身を守りながら、相手との今後の関係にも気になりましたら、波風を立てない断り方を選び、不倫の話題を終わらせましょう。

不倫 誘い

浮気・不倫の誘いへの断り方

一、配偶者・恋人の存在を明かす

恋愛告白された場合、一番上手な断り方と言えば、やはり「今もう付き合っている人がいます」という言葉ですね。既婚者に不倫告白がされた時にも同じです。自分の恋人を明かしながら、自分が恋人への気持ちを伝えてみましょう。あなたの一途さを感心しながら、相手は浮気・不倫の誘いをやめてしまうかもしれません。
もちろん、二人とも配偶者や恋人がいる場合、w不倫を狙ってあなたのパートナーの存在には気にしない人もいます。その場合には、できるだけ「不倫の代価」をめぐって、パートナーの愛情より、その怖さを伝えてみる方が賢明です。例えば、不倫事実が恋人にバレるとひどい目に合う、浮気写真が撮られたら不倫慰謝料請求になるだけではなく、繰り返しの喧嘩や暴力までもたらす恐れがあると知らせましょう。どちらでも、一番重要なのは、「不倫の残酷な結末」というポイントを通じて相手の不倫の気持ちを抑える事なんです。

二、「恋愛」より「尊敬」の気持ちを伝える

不倫の誘いをする相手は年上の人である場合、「今までもずっと尊敬しています」「恋人よりお父様に連想させます」などを理由にして、不倫希望の相手を「恋人」の立場から「親」に置きましょう。自分にとって相手は両親みたいな存在ですから、不倫の気持ちを納得できなくて付き合う事が難しいです。特に相手が年上の人だけではなく、子供がいる既婚者である場合、自分が「子供」や「若者」であるポイントを強調し、二人の間のギャップを感じさせてもいいです。

不倫 拒絶

三、不倫への態度を伝えて、婉曲的に拒絶する

相手の長点を褒めながら、不倫のデメリットを指摘してみてはどうですか?不倫は本物の恋愛や法律上での婚姻よりも儚い、いつの間にか消えてしまう関係とも言えます。そして、不倫は人目を気にしないといけなくて、バレたら周りに白い目に見られてしまいます。祝福される恋愛や結婚とは全然違い、最後にはバッドエンドを迎える可能性が高いです。
つまり、「あなたのことが好きですが、不倫関係より正々堂々と恋愛する関係を求める」という考えを伝えて、「あなたはいい人で好きなタイプとも言えるが、不倫だけはしたくない」というポイントを理解させます。

四、不倫相手としてのデメリットを示す

「相手のせいで不倫の誘いを断る」ではなくて、「自分のせいで不倫関係はできない」を伝えましょう。不倫希望の人は一般的には「家庭を維持しながら不倫関係で情事を楽しみたい」という欲張りな願いを抱いています。そのため、「自分が不倫相手になると、本命に抑えられない嫉妬心を抱き、子供を傷つけ、家族を壊し、周りに不倫関係を公表するまでやるかもしれない」という可能性を相手に告げまてみましょう。相手の危機感を煽り、不倫の悪影響を考えさせると、その不倫願望も自然と消えるでしょう。

誘い 断る

誘いに断る勇気が必要

「NO!」「断る!」と言うと他人に不快に思わせると心配して、誘われると恥ずかしくてなかなか断れない人もいるでしょう。そんな恥ずかしがり屋は実際不倫を誘う人に狙われやすいタイプなんです。誘いに断る勇気がなければ、不倫を誘う相手に誘惑されてしまい、知らないうちに流されて不倫の窮状に陥るかもしれません。そのため、不倫告白された場合に、一番大切なのは勇気を出して自分の意思を貫いて相手を拒絶する正直な心です。

コメント

*メールアドレスは公開されません