そこまではやりすぎる!?浮気・不倫の仕返し・報復のリスク

浮気されたと発覚する場合、「絶対許さない!憎い!仕返ししたい!」と考えて、できるだけ浮気した二人にひどい目を合わせてみたい気持ち、少しでもあるのでしょうか?しかし、考えると言えばそう考えていますが、どうせ一時的な感情です。悲しい心が落ち着いたら、報復の計画を立てるのを選ぶより、浮気・不倫をきっかけにして恋人との関係を考え直し、「許さなくて別れ話を切り出す」や「許してそのままにする」の二つの選択肢から選ぶ人がほとんどです。

そのほか、精神的にはあんまりにも悲しくて辛いですから、恋人に裏切られると泣くばかりでどうすればいいか分からない人も多い。浮気ニュースと不倫ドラマが面白いですが、実は報復を実行するどころか、プランを立てる人でも考えるよりも少ないです。何故といえば、恋人の裏切りでショックを受ける時、一般的には心の傷がひどすぎて報復したくても仕返し方法を考え出せる気力がない、本気で浮気した二人を憎み、報復したくてもリスクを恐れて勇気が出せません。また、リスクを冒しても必ず計画が成功できるわけではないので、危険で無謀な行為とも言えます。

現実は所詮ドラマではなく、計画を実行する前には様々なことを考えなければなりません。浮気・不倫した恋人や浮気相手への報復と言えば、裏切られた自分は言うまでもなく優位に立ちます。しかし、過激な方法でやりすぎると、あなたは被害者から加害者になるかもしれません。自分の仕返しは浮気した二人に制裁を下す効果があっても、自分も悪行で泥沼に落ち込んで、不幸なのに同情されない羽目に陥ります。こんなバッドエンドを迎えないために、次は過激な仕返し方法のリスクについて紹介し、自分に優しくて効果的な浮気制裁方法を説明します。

浮気 仕返し リスク

過激な報復行為のリスク

1、日常に悪影響を及ぼす
相手に苦しみを味わせると気持ちがスッキリし、裏切り者の制裁にもなると思い込み、毎日報復を企んで鬼と化す人は怖い。あなたが主人公とする浮気ドラマが周りに知られると、恋人と浮気相手の悪い評判が広まるだけではなく、その手段は他人が納得できるものではありませんので、自分さえも世間に指摘される恐れもあります。

そして、恋人の裏切りに執念が強ければ、二度目の恋を始めることも難しい。一途な理想タイプに期待しても、好感を持つ男は「仕返しの経験」が豊富なあなたとの恋愛を断念してしまう可能性があります。浮気・不倫はしないが過激な手段で恋愛問題を解決する人が嫌い人は少なくありません。

2、多大な時間と労力を要する
浮気問題を解決するには時間がかかりますので、浮気される時にはそのままにして時間を無駄にしたくない、または直接別れて時間を節約する人が多い。男女の心は秋の空ですから、心変わりがひどいですがおかしいことではありません。男女恋愛のために貴重な時間を浪費してはもったいないです。特に恋人に報復を企む場合、プランを立てるから実行までは労力を費やし、成功しても昔の恋愛は戻れません。どう見ても価値がないのです。

3、自分も落ちてしまう
浮気されると仕返しにしてこっちも浮気します。それだけではなく、報復手段としての浮気は相手に知らせないと意味がないから、浮気相手との関係を公表しながら、自分の抱えてる不満を恋人に爆発する人もいます。報復のために意地になって浮気相手と結婚し、浮気した恋人との関係を徹底的に断ち切る場合もあります。

「目には目を歯には歯」の同害復讐法のほかに、報復のために暴力・恐喝・脅迫・殺人まで走るのもただドラマやニュースで起こることではありません。浮気された時の苦しい気持ちは分かりますが、そのために自棄になり、不謹慎なことを考えてしまい、将来自分が絶対後悔する選択をするのはあまりにも残念です。

報復より防止

過激な報復の代わりとして、低リスクで浮気・不倫を解決する方法

恋人の浮気・不倫が許せないと考える時、激しい態度で人々の反感を買うより、安全かつ効果的な方法で恋人に反省・改心させる結果を達成してみましょう。

1、態度が冷めて罪悪感を持たせる
ペットを罰する時、一番の方法は「無視」です。実は人間にも同じやり方で相手に不安を感じさせて、今までのやる事なす事を考え直させる効果があります。会う頻度を減らし、同じ部屋に住んでもできるだけ毎日の会話と接触チャンスを明らかに抑えて、相手にあなたの不快を伝え、相手に浮気・不倫に対する罪悪感を持たせます。

2、条件付きで相手を許す
恋人の浮気・不倫行為を許しながら「慰謝料」・「買い物」・「旅行」・「家事」・「食事」などの償いを求め、「罪を犯すとそれ相応の代価を払わないといけない」というルールをしっかりと認識させます。もちろん、ルールの作り方は浮気された側次第です。できれば、相手に「随分辛いよ…もう二度と浮気はしない…許して」と考えさせるルールを守らせましょう。

3、話し合いで浮気問題を解決
なかなか解決できない場面まで発展する前に、恋人と浮気相手の関係を一刀両断したい?それなら、やはり浮気した二人と会話し、お互いの態度を確認するほうがいいです。注意すべきなのは、浮気事件の当事者たちがうまく相談を進めるために、話し合う間にはなるべく冷静な態度を維持するのが必要です。もちろん、相手のずうずうしい浮気事実を証明するに、事前には強力的な浮気証拠を準備するべきです。浮気相手はしつこくすがる場合、恋人との将来のために手切れ金で始末をつけるのも対策です。

浮気 解決

仕返しより繰り返しの浮気・不倫を防止

浮気された時、仕返ししても二人の関係は修復できないし、恋人の浮気癖を治す事もできません。報復のせいで、浮気した恋人はあなたへ憎悪の気持ちが芽生え、二人の将来に`は望みを持てなく、これから浮気相手との関係が一層深まるかもしれません。だから浮気・不倫された場合、「やられたらやり返す!」より、恋人が二度と略奪されないように、恋人の浮気・不倫を防止する対策を練り出すほうが大切です。ちなみに、繰り返しの浮気・不倫を予防する策として、パートナーに不倫念書を書かせることもいいです。

許せないなら、仕返しより離れるほうが賢明

報復はしたくありませんが二度とも浮気されないなら、浮気・不倫したパートナーときっぱり別れて、早めに浮気しない一途な恋人を探すのも選択肢です。元彼・元カノに報復する時間は一途な新しいパートナーと出会うことに費やすほうが割に合うでしょう。

コメント

  1. 山おんな #1

    浮気されると心の傷がひどく、仕返しをする気力すらないよ

    リプライ
    2019-02-12

*メールアドレスは公開されません