禁止区画に入ったら知らせる!スマホの移動路線を確認する方法

GPS追跡機能を利用しても、恋人の位置情報をずっと監視していることがなかなかできないでしょう。知らない間に、恋人は浮気デートをして、浮気相手とラブホテルに行ってしまうかもしれません。あなたが気付かっていない時、恋人はどこに何をしているか、GPS追跡機能だけで、すぐわかることが難しいです。

その時、禁止区画機能を利用して、恋人の行動を把握してはどうですか?禁止区画を事前に設定しておけば、相手が禁止区画に入った際、こちらは自動的にお知らせを受けます。風俗店、ラブホテルなどの所を前もって禁止区画にすれば、すぐに通知で恋人の浮気がわかります。

ジェオフェンシング

浮気だけではなく、再浮気も防止する

禁止区画を活用すれば、恋人の「初めての浮気」だけではなく、浮気の復縁・再浮気行為なども禁止区画で防止することが可能です。浮気相手のうち、昔の浮気デートの場所などでも禁止区画に設定することができます。

浮気した後、謝罪する恋人に「私の許可を取っていない場合、〇〇には行けない」という約束を守らせることもあるでしょう。その時、禁止区画機能で禁止した場所を設定することで、恋人の入所状況を確認できます。

mSpyで禁止区画を設定して、恋人の出入りを確認する

スマホ監視アプリ「mSpy」は最初には子供のネット安全のために開発されたもので、禁止区画設定機能だけではなく、GPS追跡機能も搭載しています。二つの追跡機能を通じて、恋人の位置をきちんと監視してはどうですか?

mspy アイコン

1.mSpyのスマホ監視サービスの購入

mspy 購入 mspy 詳細

2.mSpyアプリのインストール
購入した後、mSpyアプリのインストール方法と設定方法が載せた説明書、そしてmSpyコントロールパネルのためのユーザー名とパスワードがメールで送られます。

mSpyアプリがインストールされた後、バックグラウンドモードのもとに実行して、通知なしでスマホデータの集めを始めます。

3.mSpyコントロールパネルにログインする
mSpyアプリのスマホデータの収集が終わったら、ユーザー名とパスワードでmSpyコントロールパネルにログインしてください。アプリで集めたスマホデータはmSpyコントロールパネルで確認できます。

mspy コントロールパネル

4.ジェオフェンシング(Geo Fencing)機能
mSpyの禁止区画機能はジェオフェンシングと呼ばれますので、左側のリストから「Geo Fencing」を選択してください。

mspy ジェオフェンシング メニュー

5.禁止区画の管理
これで設定した禁止区画の状況を確認して、スマホの移動路線をチェックできます。設定した禁止区画はフェンス(Fence)と呼ばれます。「Add New Fence」を選択すれば、立ち入り禁止・許可の区画を設定し始めます。

ジェオフェンシング 追加

6.設定した区画から出た時、または区画に入った時、mSpyコントロールパネルでは通知を受け取ります。スマホの入所状況が記録されます。区画を設定する時、お知らせの設定も可能です。

ジェオフェンシング 通知

【要注意】本文は犯罪を示唆する記事ではありません。mSpyを通じては、簡単にスマホの様々なデータを収集できますので、mSpyの悪用は厳禁です。そのため、スマホを利用する前には自己責任を持ち、恋人の書面の許可・承諾を取る必要があります。

禁止区画で確認できる情報に注意すべきこと

「相手が禁止区画に入ったらあなたはお知らせを受ける!」と聞いたら、禁止区画とGPS追跡機能では簡単に相手の行動を監視できるようですが、実際そんなことではありません。

スマホ 禁止区画

アプリの禁止区画機能でも、GPS追跡機能でも、携帯の位置情報だけ監視できます。つまり、相手は行動が把握されないために、わざとスマホを禁止区画以外の所に放置してしまったら、携帯に設定したGPS追跡、禁止区画機能が役に立たなくなります。

恋人の浮気を防止するために位置情報の追跡・監視機能などを利用することは問題ないですが、これだけで相手の浮気の有無を判定してはいけません。

コメント

  1. 長壁姫 #1

    これで恋人が風俗に行けばすぐわかるでしょう。

    リプライ
    2017-11-10

*メールアドレスは公開されません