恋人の不倫相手がストーカーに!?ストーカー行為への解決法

ストーカーとは、激しくて自分勝手な感情で特定の人に迷惑行為を繰り返して行う人のことです。不倫相手がストーカー気質で、別れてもストーカーをやめないかもしれません。実は、不倫関係だけではなく、普段な恋愛関係にもストーカーになりやすい人がいますよ。また、ストーカーというと不倫した恋人に施すイメージがありますが、本命恋人は不倫相手に嫉妬されやすい対象ですから、当り散らされてしまう恐れもあります。

ストーカー気質の不倫相手はストーカーで自分の気持ちを表すことが好きで、不倫をしている間にはストーカーで好きな恋人に自分の愛を伝え、不倫関係は強制終了されたら、ストーカーで自分の憎みを復讐対象に伝えます。その感情を解消させない限り、ストーカー行為が繰り返されてしまうはずです。

不倫相手のストーカーをやめさせるために、本命であるあなたはできるだけストーカー行為の種類を把握しておきましょう。

不倫相手からのストーカー被害

ストーカー行為まとめ

ストーカーと言えば、相手がフォローしながらこっそりと覗いてくるというイメージが強いですが、実際それだけではありません。

1.行動監視
2.人に付きまとう
3.繰り返しの電話
4.無言電話
5.自宅に押しかける
6.乱暴な言動
7.贈り物を強要
8.義務のない交際を要求
9.脅威・猥褻ファクシミリ・メール・手紙
10.汚物や動物死体などの送付
11.性的羞恥心を害する行為
12.名誉を傷つける行為

恋人の不倫相手のストーカー行為への対処法

一.口頭、電話や手紙で警告する
相手がストーカーになった場合、まずは様々な方法で警告しましょう。直接口頭で警告してもいいし、電話や電子メールなどで警告してもいいです。相手のストーカー行為に厳しく対処したい場合、「内容証明郵便」で警告することも方法の一つです。でも、内容証明を使うことで、不倫相手に十分に検討させることができるかどうか、事前には自分で判断する必要があります。不倫相手はあなたの郵便を受けると刺激を受けてしまい、ストーカー行為が前よりも激しくなる恐れもあります。

二.手切れ金で解決する
不倫関係の損害を最小限まで抑えるためには手切れ金がよく使われています。手切れ金とは不倫の別れを順調にするための手段です。これを利用すれば、不倫相手は不倫の終わりを納得して、ストーカー行為を二度とやらなくなります。

でも、手切れ金は一般的には不倫した恋人が不倫相手に払うものです。不倫相手は罰すべきな対象なのに、不倫された側としてお金を不倫相手に払うことがきっと悔しくて辛いでしょう。この対策はストーカー行為を解消できる効果がありますが、不倫相手への制裁とは言えません。

三.法律上での制裁で罰する
浮気調査で決定的な証拠を手に入れたら、法律上の「不貞行為」で不倫相手を制裁して、不倫慰謝料などを提出することが可能になります。これを相手のストーカー行為と合わせて不倫関係を指摘するなら、あなたは不倫についての話し合いに優位に立ち、慰謝料の金額を上げる可能性もあります。

でも、本方法を利用すれば、不倫相手だけではなく、あなたの恋人も「不貞行為」で悪影響されるかもしれません。不倫への法律上の制裁は厳しいから、利用する時はぜひ注意してください。

四.警察に相談する
「感情の問題ですから警察が取り合ってくれない」という考えもあるでしょうか。それは心配する必要はありません。ストーカー問題はストーカー規制法を犯したので、警察は不倫を問わず対応してくれるはずです。警察とストーカー行為について相談し、警察を不倫相手に警告させることが可能です。もし相手からのストーカー行為はまだ止まっていなければ、警察に禁止命令を出させることもできます。不倫相手は禁止命令に違反すれば最高で「1年以下の懲役、または100万円以下の罰金」という罰則を受けますので、これで不倫相手からのストーカー行為を解消できるはずです。

不倫 ストーカー 対策

恋人に不倫関係を穏便に終わらせる

「さっさと不倫をやめてくれ」不倫が発覚した場合、誰でも早めに不倫事件を解決して、幸せな家庭生活を取り戻したいでしょう。しかし、強制に不倫した二人の関係を断ったら、新たな問題を生み出す可能性が大きいです。今後不倫関係の復縁や不倫相手の復讐で二度と傷つくことはしたくない場合、やはり不倫関係を平穏に解消する方法を求めるほうが賢明です。

コメント

  1. 怪盗 #1

    尾行することもストーカー行為と言える
    これほど恐ろしいことはない、一度でも尾行されたら、これから一人で出かけたくなくなる

    リプライ
    2018-02-28
  2. アルベルト #2

    ストーカー対策として、リアクションしないのが一番いい

    リプライ
    2018-03-21

*メールアドレスは公開されません