不倫相手を訴えるにはどうすべき?知っておくべき注意ポイント

恋人が不倫相手に略奪された場合、法律的な手段で不倫相手を訴えて、不倫慰謝料請求をしたい方が多いです。しかし、その中には訴える方法がわからない、慰謝料の金額の算定には困り、どうやって裁判で不倫相手に罪を認めさせるかさえ知らない人もいます。不倫相手を許せない気持ちはわかりますが、法律で制裁を与えるためには事前に様々な準備をやっておかないといけません。なので、訴えようと決める前には、まず裁判で訴える手段の厳しさを把握してみるほうが賢明です。

本記事は不倫相手を訴えたい場合に気を付けなければいけない注意ポイントを紹介します。皆様はこれを参考にしてから、不倫証拠を集めて、不倫相手を訴えて慰謝料請求するかどうか決めてはどうですか?

浮気 訴える

不倫相手を訴えるメリット

不倫慰謝料が獲得することが可能
法律の裁判で不倫相手の「不貞行為」が認定されたら、その不倫責任が強制的に追及されます。その時、不倫相手は不倫された側へ慰謝料を払わないといけません。男女問題に関わる裁判は不倫された側の時間とお金をかける身も心も苦痛が伴うことですので、不倫慰謝料を最終的な目的や不倫相手からの損害賠償にする人が多いようです。

不倫相手の悩みになり、時間とお金をかけさせる
「訴えることで、相手に償わせて、そして辛く思わせてやりたい!」と考える人もいるでしょう。不倫による裁判は慣れない人にとって大変な状況で、不倫相手が数ヶ月の裁判を経ってしまうと、ストレスが溜まって心身ともに疲れきるでしょう。不倫慰謝料がなくても、それは不倫された側の気持ちをスッキリさせるいい結果です。

不倫事実が相手の周りにバレるかも
不倫相手を訴えるだけでは大変な思いをさせることがなかなかできませんが、「不倫相手として訴えられた」という事実が裁判所の訴状などの書類で不倫相手の周りにばれるかもしれません。それなら、相手が実家の親族や周りの近所さんに白い目で見られて、これから毎日辛く過ごすしかありません。w不倫の場合、不倫事実が相手の家庭にバレて離婚トラブルまで引き起こす可能性もあります。

不倫相手を訴えたい時の注意ポイント

不倫証拠集めが重要
浮気・不倫証拠は不倫行為を証明する確実な切り札です。決定的な不倫証拠を手に入れなければ、不倫事実が確認できなく、不倫された側が訴えようと決めても裁判に負ける可能性があります。そして、明確な不倫証拠がない限り、慰謝料請求ができません。そのため、「不貞行為」を証明するためには、事前に浮気証拠を収集する必要があります。

不倫相手にやってはいけない行為
相手の不倫行為に怒気が抑えられないせいで、不倫された側が不倫相手に復讐プランを立てて、暴力を施したり感情に任せて相手を責めたりすることが珍しくありません。

しかし、不倫された側は過激的な行為をやってしまうと、不倫相手の「不貞行為」を証明できない上に、損害賠償責任が追及されてしまう恐れがあります。反対に脅迫罪や暴力罪が認定されたら、慰謝料請求しても大幅に減額されるでしょう。適正な慰謝料を正々堂々と手に入れるために、不倫相手と話し合って交渉する場合には冷静さを失ってはいけません。

不倫相手は不倫していることを知らないかも
不倫願望がある恋人は独身者だと偽って不倫相手と関係を維持しているかもしれません。その場合、不倫相手は騙された被害者側として優位にも立ちます。
不倫された側が訴えようとしたくても裁判に必ず勝つことは保証できません。また、今不倫責任を避けるために騙されたふりをして関係を維持する人もいますので、相手が騙されたわけではないことを証明できる証拠は揃っておくべきです。

不倫相手はセックスが強要されたかも
どこからは不倫かと言うと、法的な「不貞行為」の成立した条件は「配偶者がいる場合、自由意思で配偶者以外の異性と肉体関係を持つ」なのです。つまり、「自分意志」ではない肉体関係は認定されにくいです。その場合、不倫相手を訴えても慰謝料がなかなか取得できません。

不倫の慰謝料請求の時効
不倫慰謝料権の消滅時効には気をつけてください。不倫慰謝料はいつでも請求できるというわけではありませんので、不倫相手を訴えることで高額の慰謝料を取得したい方は時効の計算を確認すべきです。

婚姻関係への評価には要注意
不倫相手の責任への評価はあなたとパートナーの夫婦関係に影響されます。婚姻関係がうまくいかなく、二人の感情が別居状態まで破綻しているなら、不倫相手の責任が軽くなり、慰謝料を請求しても大幅に減額になるはずです。

訴える 注意点

不倫相手を訴える前にやるべきこと

一、不倫問題について相談相手と検討する
不倫問題に強い弁護士だけではなく、不倫相手を訴えたい時には不倫・浮気問題に長ける相談相手を探し、不倫について話し合って今後の対処法を練り出すことをおすすめします。特に不貞行為の証拠、訴える時の消耗や慰謝料の金額など重要なポイントは慎重に検討する必要があります。

二、訴える前に示談交渉をしてみる
早期解決のために、法廷で対決するより、できるだけ示談交渉で問題を早く解決するほうがよいと考えられています。そのため、訴訟を提起する前には、まず示談交渉をして準備を始めるのが通常です。不倫相手と直接交渉すれば、感情的になって紛争を起こす恐れもあるので、弁護士に依頼して示談交渉を冷静的にするのもいいです。

三、示談に応じなければ裁判で訴える
示談交渉をしても、相手は不倫事実を認めてくれない場合、裁判で不倫相手を訴える道を選択するようになります。訴訟まで提起する時には早めに弁護士と相談して、次の対策を練るほうが賢明です。

法律相談

訴えるほかに、示談で済ませるのも選択肢

不倫相手を訴え、法律的な裁判になると、弁護士費用と裁判費用が金銭的な負担になり、不倫した二人と相談する場合にも精神的なストレスや苦痛を伴うはずです。そんな不倫裁判は悩みが尽きない長期戦になると、身も心もボロボロで辛いです。

こんな結果を望まないなら、不倫裁判を起こすより、早期の示談交渉で済ませてもいいです。それなら、弁護士費用と裁判費用はかからない、自分への負担を軽減することが可能になります。恋人との離婚まで考慮していない方にとって、示談は不倫による裁判よりお得な対処法かもしれません。

示談は裁判のような社会的な制裁を加えるほど厳しい懲罰ではありませんが、強力な証拠を通じて、不倫相手に「さっさと不倫関係を終わらせる」、「念書を書いて、これから二度とパートナーと接触はしない」をやらせて、効果的に不倫問題を解決することが可能です。

コメント

*メールアドレスは公開されません