許せない!夫が不倫して相手を妊娠させた時の対処法

まさか、夫が不倫をしています!それに、不倫相手を妊娠させました!その時はどう考えますか?自分も不倫・浮気で夫に復讐?それとも、夫を罰する前に、まずは不倫相手の妊娠を対処しますか?他人の子供といっても人の命に関わることですので、きちんと考えないといけません。不倫中の妊娠は道義上の問題だけではなくて、法律的な問題になる可能性もあります。w不倫する場合、二人とも家族のある方ですので、もし不倫・浮気の妊娠のせいで二つの家族が崩れてしまったら大変でしょう。

不倫相手 妊娠

夫の不倫相手が妊娠した場合、夫側の反応、そして、不倫相手側の対応にはぜひ注意してください。「夫と不倫相手のことは自分と関係ない」と甘く考えてはいけません。なぜなら、パートナーが妊娠のことをきっかけとして本命と離婚するかもしれません。また、「子供を妊娠することで彼を自分のものに!」という考えを抱いて浮気する女性もたくさんいます。夫は離婚の考えがなくても、不倫相手はお腹にいる子供を「連れて」、夫婦の家に押しかけて家庭を徹底的に壊す可能性があります。

夫の不倫相手が妊娠したら、「中絶」と「出産」二つの選択しかありません。その時、妻としては、二人の選択にはどのような影響を与えられますか?
今の家庭を守りたいならどうすべきですか?夫が離婚を言い出したら、離婚を回避するためにはどうしたらいいですか?不倫相手が夫の子供を生んだら、より高額の不倫慰謝料を請求できますか?このように考えないといけないことは多いにあります。

浮気 妊娠

まずは夫が不倫・浮気で不倫相手を妊娠することを確かめる

まずは「子供の父親を判明する」ことが必要です。旦那の不倫相手は妊娠したふりをして旦那に離婚させる可能性もありますから。

出産していなくても、DNA鑑定はできます。まずは不倫した二人が一緒にセックスの時間を確かめましょう。病院に行って、夫の不倫相手のお腹にいるのは誰の子供なのかを確認してください。ただ生理が遅れている可能性だってありますので、家庭のために事実をきちんと確かめる必要があります。

夫の態度により次の選択を決める

不倫で不倫相手を妊娠させたことは、何といっても夫の罪です。家族を裏切って家庭を崩壊させてしまったから、まったくの自業自得です。でも、不倫相手が夫の子供を妊娠したことは妻には損しかないんです。不倫された損を最小限まで抑えるために、妻としては夫を助けて婚姻関係を修復しますか?それとも,夫と離婚して、慰謝料など請求しますか?

次の行動は、夫の対応により決めることはオススメします。夫は不倫したことを正直に伝えて謝り、そして「今度二度としない」ときちんと誓うなら、夫を信じて一緒にことを解決するのはどうでしょうか。それとも、夫の不倫相手から妊娠のことを告げられても、夫がw不倫をしたことを認めず、納得できない態度を取られたら、その時は離婚を視野に入れて、離婚と不倫の慰謝料を請求してもいいです。

浮気相手 妊娠させた

家庭を守りたいならどうする?

不倫相手に迫られてしょうがなくて本命と離婚しようと決めた夫もいます。特に、子供がいないならば、夫に徹底的に裏切られることもあります。事態がさらに悪化しないためにも、夫の不倫・浮気を罰する前に、冷静な態度を取り、しばらく彼を許して、二人で協力して不倫相手を対処しましょう!

不倫相手にとっても妊娠したことで大変ですから、適当に「中絶」や「出産」を選んでるわけではありません。また、w不倫の場合、不倫相手の夫にバレたら、不倫相手の夫も不倫慰謝料などを請求することができます。不倫慰謝料とお腹にいる子供のことをうまく解決するために、夫婦二人はやはり不倫相手と話し合う場を設けて、納得できる答えが出るまで相談するほうがいいです。

不倫相手に「中絶」を選ばせる場合

中絶手術は保険適応外できっとお金がかかります。一般的に、妊娠したのはw不倫の二人の責任ですので、病院へ行く費用、中絶手術の費用と入院費など含めて、男女にも関わらずそれぞれ半額を負担すべきです。でも、女性は中絶手術を受けるならきっと体に大きな負担がかかるので、中絶する間にかかった費用が男性に全額負担されるケースもあります。

「出産」を選ばせる場合

夫の不倫相手が子供を「産む!」と決めたら、妻として次の選択を決めましょう!離婚してから慰謝料を請求することもできるし、または夫を許して、双方で一緒に罪のない子供を育てていくことができます。
注意すべきなのは、不倫相手が子供を出産したら、夫に子供の認知請求と養育費請求をすることができますので、不倫相手が子供を養育させる場合も、夫側がすくなくとも毎月の養育費を与える必要があります。その場合、金銭面ではかなりの出費になるのでしょう。

特別養子縁組

菊田医師事件によって誕生された特別養子縁組は、様々な原因で両親に育てられない子供がほかの家庭で育てられるための制度です。普通養子縁組と異なり、養子になる子供は戸籍上が養親の子になり、元の両親との親族関係がなくなります。双方も子供を籍に入れられたくない場合、ほかの実子のない夫婦と交渉して、不倫・浮気で誕生した子供をほかの家庭の養子にしてもいいです。

不倫 子供ができた 対処

不倫・浮気の夫を許せないから離婚したい場合の対策

不倫をして、しかも不倫相手を妊娠させたとは!許さない!怒りが抑えられなくて、夫ときっぱりと離婚したい妻もいるでしょう。w不倫の場合、不倫のことが相手の家庭にもバレたら、夫は離婚の慰謝料・財産分与・子供の養育費・不倫慰謝料・不倫で生まれた子供の養育費などを払わなければいけないため、地獄に落ちたとも言えます。本命にとっては最高の復讐方法です。

夫がw不倫相手と子供がある場合、本命の離婚慰謝料・不倫慰謝料が増額できます。そして、離婚後の経済的に貧乏になりやすくて、財産分与でもらった金額が少なくなる場合も慰謝料の増額には役に立ちます。請求する時はぜひ注意してください。

    浮気調査 妊娠

w不倫で生まれた子供、罪がない

何といっても、w不倫で妊娠したのは不倫の二人のせいです。w不倫で産まれた子供は罪がありません。傷付いても、絶対に浮気の罪を子供に背負わせてはいけません。不倫相手の子供でも命ですから、子供と親のことは分けて考えてください。

コメント

  1. 小林 恵美子 #1

    恋人が不倫をして相手を妊娠させるなんて想像がつきません。

    リプライ
    2017-03-23

*メールアドレスは公開されません