浮気の罪悪感がない人の原因と罪悪感を持たせる方法

浮気のことと言えば、一般的には、最低で許されない行為なんだと思われます。パートナーがいるのにまた裏切って他人と恋人になるなんてひどいですね。そのため、浮気中の人も罪悪感を持つ場合が多いです。罪悪感を耐え切れないタイプなら、浮気がバレやすいだけではなくて、浮気行為を中止して浮気のことをパートナーに自白する可能性も大きいです。

でも、浮気をしている時間が長くなると、浮気に対する罪悪感が薄れてしまい、罪悪感を解消するタイプもいます。そして、多情な人として、常にたくさんの異性と付き合っているため、浮気は罪悪ではないと思っている人も多いですね。こんな浮気しやすくて軽い人と付き合っているならきっと辛いですね。やはり、「恋人」になる前に、相手のことをよく確認しないといけません。しかし、浮気に罪悪感がなくて浮気癖を持つ人はどんな特徴を持ちますか?

また、パートナーは浮気の罪悪感がないタイプですが、恋人としては今まで相手のことが好きですから、直接的に別れたり離婚したりはしたくありません。ただ、浮気中の相手に浮気をやめてから二度と浮気をしないようにさせたいです。その場合、浮気の罪悪感を持たせて、浮気のことを反省・後悔させる方法はありませんか?

パートナーの浮気に悩んでいる方のため、そして、パートナーが浮気しやすいタイプかどうかと認識したい方のため、本記事は浮気に罪悪感のない方の原因を分析してから、罪悪感を持たない方に罪悪感を持たせる方法を説明します。

浮気 罪悪感

どうして浮気中なのに罪悪感は持たないのか?

「自分がパートナーを裏切って浮気という許されないことをしている最低な人なんだ」と認識するため、浮気中のパートナーは苦しくて罪悪感を感じられます。つまり、そんな認識を持たないなら、浮気中の人は平気で浮気をするようになります。

罪悪感を感じてていることは、パートナーを裏切ってしまったという認識が必要です。浮気のことはパートナーに内緒です。浮気のことがバレたらパートナーを悲しくさせてしまい、バレないとパートナーに秘密を隠して騙しています。元の大好きな恋人なのに、今相手に許されない行為をしているため警戒しています。ただ相手のことのみ愛しているんだと誓ったのに、今はまた浮気相手と付き合って矛盾じみた行動をしています。浮気中の人は常にこんな羽目に陥る場合が多いです。「自分が悪い」という気持ちがあったら、浮気に後悔して、罪悪感も生じやすいです。

一度だけ浮気してしまう場合、衝動に駆けられて、今までの約束はできごころのせいで、
破れてしまうとしみじみ感じられるため、罪悪感も一番激しくて辛いです。「自分が約束した通りに行動していなく、恋人に対する感情が定まりません」という認識は罪悪感の源とも言えます。

浮気 罪悪

それに比べて、 浮気に罪悪感がない人は、「ただ一人だけ愛しているべきだ」という自覚は元々持たなくて、不誠実なタイプが多いです。そのため、数多くの人と浮気をしていても自分の行為に後悔していません。愛の約束はただの「好きな人をパートナーにさせる手段」なんだと思われます。嘘をついても大丈夫だという考え方を持ち、随分厚かましいですがしょうがないです。

次に、浮気のことに不真面目でいいかげんな態度を持つ人も罪悪感を生じにくいです。「ただほかの異性と遊びたいだけだ」「やっている人が多いから悪いことでも構わない」と考えながら浮気してしまう人もいます。ほんとうに浮気相手を「もうひとりの恋人」としていなくて、ただ自分のパートナーに飽きてしまいましたが別れたくないため、浮気を繰り返して続けます。

それから、二人や二人以上の「恋人」たちと付き合っていて、「浮気相手と本命のパートナーが私の愛のおかげで笑顔を持ち、幸せになりました。二人を幸せにさせるんだから浮気は悪いことではありません。」と考えている浮気癖のある人もいます。自分の悪い行為を正当化させて、浮気を繰り返して続けるために変な考えを生み出しました。浮気のことがバレてしまいましたら、パートナーや浮気相手は悲しくてたまらないかもしれません。そして、二人が怒って修羅場になることもないわけではありません。「幸せ」はただバレない時の幻です。こんな甘い考えを持つことは浮気・感情のことを大切にしていない証明とも言えます。

感情に不真面目な態度を持つなら浮気をしても「大したことではない」と思い込みやすいです。自分とパートナーの二人の関係を大切にしていないため、浮気の行為はパートナーを裏切ってしまうものだと考えないなら、罪悪感を生じることも難しいです。その場合、パートナーが自分の浮気のために傷がついたことも実感できないでしょう。

不倫 罪悪感

浮気の罪悪感を持たせる方法

罪悪感を持たせるやり方と言えば、一番大事なのは相手に「浮気という厳しくてひどいことをした自分は悪い」と自覚させる必要があります。

「自分がほんとうに悲しくて、または怒りが収まらなくて、別れや離婚などをやりたい」という考えを伝えてください。もちろん、ほんとうに別れや離婚をしたくてもいいです。ただ「このまま浮気を続けてはいけません!」という気持ちを伝えて、相手に浮気の厳しさを感じさせ、「自分が大変な罪を犯した」というイメージを残させます。約束を嘘として使って繰り返しているタイプなら、「約束を破れることが最低なんだ」「嘘をつくことが許せない」「バレなくても浮気は浮気なんだ」と、常識で相手を責めることも必要です。

浮気のことを大したものだと思わない人なら、相手の「本気ではなく、ただの遊び」「二人を幸せにさせる行為」などの口実・解釈をぶっ壊してやりましょう。感情・恋愛などのことに真面目に対応させます。心から「パートナーの軽い態度が悪い」と伝えてください。こんな方法で相手の理由を潰したら、相手も自分の浮気に言い訳が立たなくて、浮気のことに反省するしかありません。

パートナーがもう一度浮気を再発することが可能ですので、最後に、繰り返して浮気を続けることを防止するために、形してもいいですが、浮気の謝罪や愛の約束をさせてください。せめて「浮気が悪い」というイメージを残します。

本記事のことは、浮気が発生していない場合にも適用できます。前もって相手に「浮気されたら悲しくて許せないから、やめてください」と伝えることも、浮気行為の防止にも役に立てます。

コメント

  1. 深沢 櫻 #1

    浮気に罪悪感を感じない人と恋するのは大変そうですね。
    浮気なんてほんとうにやめてほしいです。

    リプライ
    2017-02-13

*メールアドレスは公開されません