どちらでも裏切る行為!浮気と不倫の違い

浮気・不倫を話題にして会話を進む間に、なんとなく言い間違ってしまい、「浮気」と「不倫」を混同してしまう場合があるでしょうか?浮気も不倫も恋人を裏切って、パートナー以外の異性と関係を持つ許さない行為ですが、やはり何か違いがあるでしょう。

意味からみれば、二つの言葉は厳密な違いがありません。浮気・意味の区別だけではなく、どこからは浮気・不倫ですか?その認知にも個人差があります。
本記事は「浮気」と「不倫」の一般的に区別する方法を紹介します。

浮気と不倫の違い 

浮気と不倫の違い

浮気・不倫の範囲

「浮気」の範囲は広いですので、定義付けは「不倫」より難しいです。ただキスしたり手をつないだりしても周りの人に「浮気」と思われるかもしれません。本気でいえば、「不倫」は「浮気」に含まれているとも言えます。

「不倫」の前提と条件

なぜと言えば、「不倫」は「結婚」ということが前提です。つまり、婚姻関係ではない、ただの恋人関係だけでは「不倫」とは言えません。そのため、「不倫」は一般的には法律上の「不貞行為」の判定まで発展して、「離婚請求」「慰謝料請求」「財産分与」などの厳しくて深刻的な問題のきっかけになります。

そして、「不倫」は「肉体関係」とも繋いでいます。キスやデートをしても、肉体関係までしていないなら、二人の恋愛は本気になっていないと思われるから、一般的には単なる浮気だと推定されます。でも、既婚者が配偶者以外の異性に恋愛の気持ちが入って本気になったら不倫、ただの遊びならば浮気とされます。

ちなみに、独身者が既婚者と肉体関係を持つ場合に、既婚者の配偶者側からみれば、独身者が結婚していないが不倫相手なんです。不倫をしている二人とも既婚者の場合、その不倫関係は「w不倫(ダブル不倫)」と呼ばれています。

浮気 不倫 何が違う

「精神的な不倫」

「不倫」と言えばセックスが含まれていますが、肉体関係を持たない「精神的な不倫」という行為もあります。肉体関係を持たないなら、法律上では「不貞行為」と思われないため、自分のパートナーがほかの異性とデートをしたりキスしたり食事をしたりしても、浮気された方は「不貞行為」を理由に離婚や慰謝料を請求することがなかなかできません。そのため、恋愛はしますが法律の罰を回避するためにセックスしていない「精神的な不倫者」もいます。交際している二人はセックスまですることはありませんが、精神的面では不倫された人もつらいと感じるでしょう。

心の「浮気」はダメ!

つまり、「浮気」の中に「不倫」が含まれているのです。しかし、「ほかの人とセックスしてもいいですが、ほかの人に心を移したら許さない」という考えを持つ人もいます。広辞苑により、「浮気」は「男女間の愛情がうわついて変わりやすいこと。多情なこと。他の異性に心を移すこと」を指します。つまり、「浮気」という言葉は肉体の有無に関係がなく、精神・心・感情のことを重視しています。

人間の感情や精神などは外から見えないものですので、「不倫ではない浮気」と言ったら、一般的には、「異性と肉体関係を持たないが恋愛・交際している」という状態を指します。でも、セックスという明確な肉体関係より、恋愛という微妙な感情の定義付けは難しくて、主観が入りやすいです。

まとめ:
一般的には、「不倫」は「浮気」の中に含まれます。
「浮気」は肉体より感情・精神・心の面を重視します。
「不倫」は既婚者が前提、肉体関係が条件です。
既婚者の「浮気」はただの遊び、「不倫」は気持ちが入ると思われます。

うわき ふりん

法律上の不貞行為

法律上で浮気・不倫などの定義付けが難しい言葉は存在しません。「不貞行為」という明確な専門用語で「既婚者が自分意思で配偶者以外の異性と肉体行為を持つ」という意味を表示します。でも、慰謝料の請求などの問題になると、配偶者の浮気・不倫経験も慰謝料の金額を左右する要素になることができます。

コメント

  1. ケロロ #1

    恋人以外の人とキスしたら浮気!許さない!

    リプライ
    2017-08-4
  2. 万事屋 #2

    最近周りからは「浮気はいいけど、不倫はダメ」とよく言われています。
    「浮気や不倫はどちらでもダメだろう?」と考えますが、やはり恋愛観は人それぞれですね。

    リプライ
    2018-09-6

*メールアドレスは公開されません