恋人の浮気を防止する方法

恋人に浮気されることに心配していますか?特に、相手の態度が少々変わったら、「もしかして浮気?」と考えてしまう人は少なくないと思います。

二人の関係が悪化していたり、または何かの理由で二人の付き合う時間が少なくなったりすると、パートナーが浮気する可能性が大きくなります。では、パートナーは浮気をする気があるなら、どうやってそんな考えを解消させますか?浮気を未然に防止したいですが、間違った方法でパートナーに対応してみれば、相手は元々浮気をしていなくても、「浮気しやすいタイプ」と疑われることに発覚するため、怒って本気に浮気し始めるようになるかもしれません。結局、浮気されたくないのに、かえって浮気させてしまいかねないですね。

そのために、「あなたは浮気してはいけません」「浮気をしてはダメです」のような態度を示す接し方でパートナーと付き合うより、相手の心理を理解して、良い環境や雰囲気を作って二人の関係を改善するほうが役に立ちます。本記事はパートナーが浮気しやすい状況を説明しながら、浮気されないために、相手に対する理解を深めること、そして恋人との仲を一段階深める方法で浮気を防止する方法を紹介します。

浮気防止 やりかた

浮気が発生しやすい時期はいつだと思いますか?

一.単身赴任の場合
パートナーが単身赴任のため、単身状態に戻って寂しくなり、浮気をしてみたくなるということは珍しいことではありません。本命とは遠距離恋愛になるため、昔のように毎日ラブラブな状態を続けることが難しいです。元々毎日付き合っているあなたがそばにいなくなったら、本命の身代わりに新しい恋人が欲しくなることもあります。ほかの異性に目移りする時も叱られないため、このチャンスを狙ってもう一人の恋人を探す方もいます。浮気されないために、パートナーが単身赴任をする場合、できるだけ毎日LINEなどで不定期的に連絡を取る必要があります。

二.妻が妊娠中の場合

妻が妊娠すれば、夫が子供のために、父親になることのために生じたストレスと責任を感じて落ちつかなくなりやすいです。その場合、もしタイミング悪く魅力的な女性と出会ったら、ほかの異性との浮気を逃げ場とみなしてしまうかもしれません。浮気させたくないなら、妊娠中の間に、もし夫がストレスが感じているようでしたら、夫とのコミュニケーションにも気を付けてください。

また、セックスという夫婦の間の欠かせない行為は、妊娠のためにやめることも多いです。なぜなら、妊娠中のセックスのせいで妻が流産したら大変です。

その時、男性が欲を満足したりストレスを発散したりするために浮気してしまうことも珍しくありません。

三.浮気を繰り返した場合

「浮気癖」という「一生でも治らない病気」にはどう思いますか?

浮気癖のあるパートナーは繰り返して浮気をしても反省しません。確かにとてもひどいやつですが、実際、浮気された方の対応により、パートナーの浮気に対する態度も多少変わります。

対応が激し過ぎたら、浮気が不倫略奪婚になり、元の二人が離婚してしまう悲惨な結末になりやすいです。

その反面、対応が優しすぎるなら、最初の浮気が今後の繰り返した浮気・不倫の前置きになるかもしれません。浮気の甘い誘惑に惑われて禁じられないなら、二番目、三番目の浮気が湧いてきます。

でも、浮気をされた場合、相手のことをうまく対応できるなら、今までの浮気を終わらせることだけではなくて、今後の浮気を防止することも可能です。

二人の関係は繰り返した浮気をされる大切な原因だとも言えます。本命のあなたとの関係が崩れてしまうため、パートナーが本命の存在を無視して、ほかの異性を探して「もう一度の恋愛」を繰り返して味わうようになります。だから、前の言った通りに、夫婦の関係を改善することはパートナーに浮気させない一番重要なポイントです。

浮気 禁止

浮気を防止するためにはどうすればいい?

一.突然の連絡や訪問
昔、遠距離になると連絡を取ることが難しいですが、インターネットが普及した社会に暮らしている人たち、携帯、メールやネットで会話できてとても便利です。そばにいなくても、できれば毎日恋人と連絡を取ってください。LINEでスタンプだけで自分の気持ちを伝えることもいいです。

でも、ネットフレンドではなくて恋人のことなら、ただ遠距離の連絡手段だけで満足することが行けません。どんなに遠くても、お互いに深いイメージを残して疎遠にならないためには、直接的に顔を突き合わせて付き合う必要があります。遠距離でも何回ぐらい訪問しに恋人のそばに行って「本命のあなたはいつか来るかもしれない」と思わせてください。また、毎日触れ合うことができなくても、ビデオ通話などの方法で会話してみましょう!

二.家族のイメージを残す

浮気をさせないために、「パートナーと子供がいます。忘れないで」と認識させましょう。平日にはパートナーと一緒に親密なデートをして、そばにいなくても自分と子供の写真を送って、家族がいるビデオを送ってみましょう。直接に送らなくても、家族と思わせる飾り物をパートナーの目が触れる場所に置いてイメージを残させてください。このようなものを通じて、パートナーの浮気心を解消して、浮気防止の効果が出ます。パートナーと浮気したい相手にも抑える効果があります。

パートナーがあなたのそばに帰ってきた時も注意してください。いろんな行動を通じて、家族の気配を作り出して、幸せと思わせながら安定させます。これで、家族の仲も昔より一層深くなるはずです。パートナーが家族の暖かみが感じるなら、浮気のこともあまり考えないようになります。

三.パートナーを理解する
ただ親密な会話や行動だけでは足りません。たまには、本音を吐いてお互いに感謝する気持ちで交流するべきです。二人の関係のために努力してやったことは全て当然なことではありません。「今まで頑張っていることはずっとわかっていますよ。ありがとう」ということを伝えて、相手の努力を承認して心から感謝することは必要です。一度だけでも、褒められたら誰でも嬉しいでしょう。

相手の行動だけ観察しないでください。パートナーの精神・心・感情の問題も重要です。特に、本音を吐くことでパートナーのストレス・不満・不安・心配などを理解してから、できるだけ解消することは二人の絆を深めるいいチャンスなんです。

浮気されない 方法

浮気の話から離れる

恋人に浮気させないためには、「浮気をしないで」と毎日そばに言うより、浮気のことを思わせない方が効果があります。あなたのような魅力的な存在が毎日そばにいると感じられるなら、ほかの異性に目移りするわけがないでしょう。「恋人より優れた者は世界にもいるかもしれないが、恋人より自分を理解する者はいない」と感じさせましょう!

コメント

  1. AKIRA #1

    遠距離でも毎日彼女とチャットする必要があるみたいですね。

    リプライ
    2017-02-1

*メールアドレスは公開されません