裏切り者への仕返し!不倫・浮気の二人への効果的な制裁!

「恋人は浮気・不倫に走ってしまった!」
浮気・不倫された時、パートナーにやめさせても、相手は浮気を認めない、浮気相手と別れない、そのままに浮気・不倫関係を続けています。愛している妻・夫に裏切られた人はきっと苦痛で辛くてたまらないでしょう。

とんでもない境地に陥ってしまったら、気持ちもますます悪くて、浮気した二人に制裁を与えたくなります。その場合、不倫された人は苦しくて悲しいですが、絶対に理性を失ってただ暴力を振るっては行けません。しかも、相手を殴ることは、法を犯すことになります。制裁するとしても、冷静に今後の人生、恋人との将来を考えておくべきです。

浮気・不倫された人の中に、「絶対に許せない!」と思う人、「許して再構築したいですが、本当にあの二人が憎いです。」と考える人、どちらでもいるでしょう。せめて、相手に「浮気・不倫は罪、他人に苦痛を与える罪」と思わせたいです。その場合、合法的な制裁をうまく活用しても効果的ですので、恋愛中の二人を殴ったり蹴ったりはしなくてもいいですよ。では、これから、浮気・不倫した人への社会的な制裁方法を紹介します。

浮気 制裁

冷たい態度で扱う

浮気されたと言っても、二人が会うと喧嘩になり、周りの人まで迷惑をかけるわけではありません。浮気された気持ちがわかりますが、できれば二人の関係を今より劣化させない態度を取るほうがいいです。
態度で自分の気持ちを伝えて示すことが大切ですが、「浮気されて腹が立つ!あなたのことが許せない!」ということを伝えるより、「浮気されても私には影響がないが、そんなこと(浮気・不倫)は一刻も早くやめてください。そして、自分の行為を反省してください」を伝えてください。効果的な制裁をしたいなら、暴力ではなく、相手に精神的な苦痛を返して、冷たい扱いで相手を威圧してみましょう。

罪悪感がある人はそんなに冷たく扱われたら、自分から恋人に謝って不倫・浮気をやめるかもしれません。でも、態度が冷たすぎたら、パートナーは精神的なストレスが耐えられない、前より不倫関係に本気になる可能性もあります。そのため、態度も相手の状況を見て変えるべきです。

別居

不倫・浮気した二人の顔を見たくない、毎日辛く暮らし続けたくないので、妻・夫への罰として、パートナーが謝るまで別居してもいいです。二人だけ一緒に住む場合、家族や親友のうちに移住して、パートナーとの関係をしばらく切ることもできます。パートナーは本命が離れることに気付いたら、罪悪感が深まって、自分の行為を反省して浮気をやめるかもしれません。
でも、別居する時間が長ければ長いほど離婚をしやすくなりますので、不倫・浮気した二人は略奪婚をしたいタイプならば、別居が相手のチャンスに転じるかもしれません。離婚したくないなら、別居にしても、浮気したパートナーの浮気状況をできるかぎり把握するべきです。

慰謝料で制裁する

既婚者の場合、慰謝料を請求する形式で浮気した二人に制裁を与えることが効果的です。でも、二人の不倫恋愛を不貞行為とするためには、浮気証拠を集めることが必要です。浮気証拠がなければ、不貞行為が推定できなくても、精神的にはどんなに辛くてもただの思い込みと推定されます。

自分一人でもできるだけ浮気証拠を集めることはお勧めですが、不倫した二人にとって、元配偶者は一番警戒される人ですので、浮気証拠を手に入れることが困難だと考える場合、浮気調査を探偵に頼むこともいいです。

不倫 制裁

相手の浮気行為を公表する

浮気された場合、浮気証拠を集めて、パートナーの浮気行為を公表することが可能です。浮気している人にとって、自分の浮気が家族、会社、親友などにバレてしまうことは最悪です。今後は周りの人たちに嫌われて、浮気されたあなたと同じく精神的な苦痛を受けます。

裏切り者がそんな残酷な結末を迎えるなら、言うべきがなく効果的な制裁です。でも、自分勝手にパートナーの浮気をばらしても、周りの人たちに信じられないかもしれません。徹底的に浮気事件をばらして浮気の二人の罪を公表したいなら、正しい言い方で周りの人に信じさせるまで事実を述べる必要があります。

浮気をばらすと言っても、必ずパートナーの会社や家族を狙うわけではありません。浮気相手の詳細を調べて相手の会社や家族と挨拶してもいいですよ。浮気相手の会社は職員の倫理を重視して、浮気行為を許せないタイプなら、あなたを助けて浮気相手を社会的に制裁することも可能です!浮気相手は配偶者がいる場合、相手も浮気事件の被害者ですから、あなたを協力して、浮気する二人に制裁する場合になるかもしれません。

ルールを作って相手を制限する

パートナーが浮気・不倫をやめましたが、今後恋人が二度と浮気に走ったり、浮気相手と復縁したりすることに心配する人もいるでしょう。繰り返しの浮気には何度制裁しても無駄です。その場合、今後の浮気を防止したいなら、相手にルールで行動を制限してみはどうですか?恋人は自分の不倫行為には罪悪感があるなら、きちんとあなたのルールに従って行動して、心からあなたを大切にするはずです。でも、手厳しすぎるルールを作ったら、恋人の反感を招くリスクでもありますので、ぜひ注意してください。過ちを犯した恋人からの償いを望んだら、おもしろいルールを作ってパートナーに従わせても制裁とは言えます。

浮気している人は離婚する理由を作るかも!

浮気している二人は愛し合って、ただ禁断の恋愛関係だけでは満足できないため、略奪婚までする可能性もあります。その場合、パートナーは何とかして離婚する理由を探し出すかもしれません。例えば、あなたは浮気されたことでパートナーに暴力を振るう場合、その場面がパートナーにビデオや写真などの形で撮られてしまう可能性があります。離婚請求をする時、それは婚姻関係が破綻してしまい、パートナーを優位に立たせる証拠として利用されるかもしれません。離婚したくない、または離婚する時不利な状況に立ちたくないなら、浮気したパートナーと付き合う間にはぜひ注意してください。

浮気 制裁 方法

恋人を報復して浮気・不倫することはやめましょう

浮気された苦痛を相手に感じさせるために、「自分も浮気に走って、ほかの人と恋愛すればいい」という方法で相手を復讐してもできそうです。しかし、もしパートナーはこのチャンスを狙って、あなたの浮気・不倫事件を他人にバラしてしまったら、あなたは実情がわからない人たちに白い目で見られてしまい、前より一層辛い境地に陥るかもしれません。法律上では、不貞行為と推定されて相手に慰謝料を請求されたら大変困るでしょう。最初は浮気された被害者なのに、最後は浮気する裏切り者として扱われて、なんと悲しいことなのでしょう。そのため、「浮気には浮気を」という行為はやめたほうが賢明です。

コメント

  1. 苺大福 #1

    復讐方法は多種多様!でも、彼氏や彼女の浮気に復讐や仕返しは正解とは思いません。

    リプライ
    2017-08-4

*メールアドレスは公開されません