恐喝はひどい!不倫相手からの脅迫を受けた時の対処法

配偶者の不倫が発覚した場合、怒りが抑えられなくて、配偶者を責めながら、不倫相手に復讐したい人もいるでしょう。不倫されたことは確かに辛いですが、自分の怒りとストレスを解消するために滅茶苦茶に行動してはいけません。不倫関係は考えるよりも複雑なものですから、知らないあいだに不倫関係での悪影響は不倫された側にも及ぼす可能性があります。

例えば、不倫されたことが発覚する時、本命であるあなたの一番望んだのは、恋人が不倫をやめることでしょう。しかし、不倫相手は不倫行為を終わらせないために、不倫関係を恋人の勤務先や家族に公表したり、あなたと恋人の円満な婚姻生活を壊したりしようと脅迫する可能性があります。不倫事件がバレたら、あなたは多分不倫慰謝料などがもらえますが、今までの平穏な家庭生活も不倫の暴露でおしまいになります。よく考えてみてはどうですか?家庭の崩壊は慰謝料なんて償うものではありません。

不倫 脅迫

不倫関係を周りにバレたら最悪の事態になり、夫婦二人の仕事だけではなく、子供の学業にも影響を及ぼします。他人に白眼で見られて、これからの生活が辛くなり、勤務先から辞めて引っ越しする結末になるかもしれません。

そのため、不倫された側といっても、子供と家庭の幸せを守るために、感情的に対処してはいけません。不倫相手に脅迫された場合、恋人と一緒に不倫事件の危害を最低限まで抑えるために、できれば最適の解決法を探してみることはおすすめです。

恋人が不倫相手に脅迫された時の対処法

まずは不倫した恋人の希望を判明する
不倫に走った恋人は本当に不倫関係を続けたいでしょうか。不倫相手に脅かされて、不倫関係を終わらせたいですがなかなかできない恋人もいますので、チャンスを狙って、恋人とお互いに不倫に関わる本音を吐きましょう。

不倫発覚を不倫相手に知らせない
恋人に裏切られたとわかっても、できれば冷静に対処し、不倫が発覚されたことを不倫相手に知らせないほうが賢明です。

不倫相手は恋人と別れたくない場合、一般的には「あなたの配偶者に不倫行為をばらす」を最も重要な手段として利用します。職場に突入して乱暴することが難しくて、親戚や両親などの個人情報を手に入れることも容易ではありません。なので、不倫相手は一般的には恋人と一緒に生活している配偶者を狙い、浮気写真・浮気動画などを家に送ることで恋人を脅迫します。

そのため、不倫関係が強制終了されたら、不倫相手は復讐するために待ちきれずにあなたに不倫をばらすはずです。その後、不倫がバレることに影響されないためにのこのこ逃げ出すかもしれません。それなら、不倫事件は三人だけで知ることになり、その危害も最小限まで抑えられます。

でも、本方法を利用すれば、今後の不倫トラブルを止めることができない、不倫でのトラブルを完全になくすとは言えません。
浮気 脅し

夫婦二人が不倫相手に脅迫された時の対処法

手切れ金で終わりにする
不倫相手から不倫された側への慰謝料と異なり、手切れ金は不倫した恋人が不倫相手への解決金です。不倫相手は別れを受け入れない場合、本方法を通じて、お金を払ったり、念書を作成したりすることで不倫関係に決着を付けることができます。

でも、本方法を利用すれば、不倫の悪影響を最適に抑制できますが、あなたへの償いもなくなる恐れがあります。手切れ金は一般的には慰謝料よりも少ないですが、手切れ金を不倫相手に出したら、不倫関係を公表したくない意思を持ちますので、その関係を不貞行為と認定してから不倫慰謝料を請求することもほぼ不可能になります。不倫された側はゆっくり考えてから決断を下してください。

法律で制裁する
不倫相手からの脅迫と恐喝を受けた場合には法律での「名誉棄損罪」に該当しますので、法律裁判を通じて、罰金を科したり懲役を科したりすることができます。これを不倫慰謝料を合わせたら、不倫相手には致命的な一撃を打てるでしょう。でも、これで不倫相手の怒りを爆発させて、乱暴に復讐させ、不倫トラブルを悪化させる恐れがあります。不倫相手に罰を与える手段ですが、不倫の悪影響を抑制する手段とは言えません。

不倫相手を脅すと脅迫罪になる

脅かされても、逆に不倫相手を脅してはいけません。不倫相手を脅迫したり暴力を振るったりすることも罪に該当しますので、不倫相手に狙われて悪用される恐れがあります。不倫関係を対処する場合にはぜひ注意してください。

コメント

  1. 末摘花 #1

    不倫相手の両親や職場の同僚たちに相手の浮気を伝えることも対策だろうか

    復讐されるリスクもあるけど

    リプライ
    2018-03-2

*メールアドレスは公開されません