浮気と県民性の関係は?浮気性の都道府県ランキング

浮気ニュース、不倫ドラマなどのメディアの中で、不倫・浮気行為は悪い事として周りに騒がれるのが通常ですが、実際日本で不倫・浮気に走る人が多いです。浮気トラブルはもう有名人だけのものではなく、既に「誰でも起こり得る」社会問題になります。

「浮気・不倫から抜け出せない人が多いなら、どこの浮気する人が一番多いでしょうか?」
という疑問を抱き、浮気されないためには、何かの事前準備をしようとする人もいますね。そのため、「浮気率が高い人とお付き合わない」方法が一番の防止策としてよく考えられています。

では、本当に地域から他人の浮気率を推定できますか?皆様の好奇心を満足するために、有名な相模ゴム工業(株)は2013年1月に「ニッポンのセックス」という調査を始め、47都道府県の約14000名日本人のセックス態度に対して調査を行いました。その中にも浮気する人数の都道府県ランキングがありますので、ぜひご参考にしてください。

都道府県別浮気率ランキング

都道府県別浮気率ランキング

相模ゴム工業の調査は浮気率以外のセックス関連問題でも多いですので、日本人のセックスに興味を持つ方は「ニッポンのセックス」公式サイトで詳細を閲覧してください。

最高位の島根と最低位の秋田

1位の島根県と47位の秋田県は10%以上の差があり、浮気率は県民性とも関係がありますか?この調査結果の浮気率についてネットでは様々な議論が行われています。1名は島根県なんだという結果に不思議と考えている人が多いですので、「浮気率調査」より「嘘の上手度調査」なんだろうという見方を持つ人もいます。
確かに、1名の島根県の男女は地味で真面目なタイプとしてよく知られて、浮気などとは無縁な人と考えられやすいです。そして、47位の秋田県は美人が多いと知られる都道府県ですので、逆に浮気率が最低になるとは本当に不思議です。

もしかして、島根県の男女は正直に調査問題を答えていますので、ほかの方より浮気している事実を正々堂々と承認しましたのか?

なぜ地方の浮気率が都心よりも多い?

一番浮気しやすいと考えられた東京都は5位です。そして関西地方のコアとも言える京都府と大阪府の順位はあまり高くないです。地方の男女の浮気率が都心より多い事も議論されています。

「地方ではほかの遊びが少ないし、働く時間もあまりないので、県民は刺激を求めるために浮気する」という見方があります。そう言うと、浮気関係には本気にならない、ただの遊びとする人がやはり多数でしょうか。

ちなみに、この浮気率ランキングは都道府県順だけではなく、浮気率を性別別や年齢別でのリストでもあります。

相手以外とのセックス事情

浮気しない率

調査結果により、浮気しない人数は79%に近い、浮気する人は21%ぐらいで、5人に1人が浮気に走るとも言えます。そして、その21%の中に、15%が特定の1人の浮気相手がいます。複数の浮気相手がいる人と特定ではない浮気相手がいる人が少数です。

5人に1人ならば、現在日本での浮気問題が厳しいですが、「浮気しない人はいない」まで言う必要はないのです。

浮気する人の性別

浮気は男性がするものというイメージが強いでしょう。調査結果により、確かに浮気する男性は女性より10%多いですね。でも、男性の浮気がバレたら、女性より恋人に許される可能性が高いですから、男性が女性より自分の浮気事実を他人に知らせやすいというポイントも注意すべきです。

浮気率ランキングの説得力

日本人は他人の選択に気になる民族ですので、どんなものでもランキングにする事が好きです。しかし、浮気のような恥ずかしい事が調査を行っても、説得力がある結果を取得しがたいです。都道府県で他人の浮気性を判断するより、浮気性がある人の特徴を把握して他人の恋愛観念を理解しましょう。

コメント

  1. わんわん #1

    浮気しない人は存在するのが信じていますが、「絶対に浮気しない」または「浮気したことがないよ」とか答えている人とは浮き合わないほうがいい~浮気現象を調査することによって浮気者の数量を把握することが無理だと思う。対象は恥ずかしい浮気問題だから、調査で嘘や事実と違うことを言う人もいるかも。

    リプライ
    2018-07-10

*メールアドレスは公開されません